2005年12月30日

2005年最大ニュースはイラクと津波−BBC調査

 英BBC放送がカナダの調査会社GlobeScanに委託して世界で実施した世論調査によると、2005年の世界のトップニュースにイラク情勢とインド洋大津波(発生は2004年)がトップに並んだ。

 調査は10月から12月にかけて世界27カ国(日本は入っていない)の3万2439人を対象に実施、「将来、歴史学者が2005年を振り返った場合に世界のどの出来事が最も重要とみなされるか」という観点から質問された。トップのイラク情勢と大津波を挙げた人はそれぞれ15%に上った。

 3位は米国を襲ったハリケーンのカトリーナとリタで9%。被災国のアメリカでは15%の人がトップニュースに挙げたのに対し、アフガニスタンとアルゼンチンはそれぞれ18%と、アメリカよりも大きなニュースとして受け止めている(アフガンなんてアメリカの心配しなくていいから自分とこの心配しなよ…って言いたくなった)。

 上位のランキングは以下の通り。
 1位 イラク情勢
 1位 インド洋大津波
 3位 ハリケーン・カトリーナとリタ
 4位 ローマ法王ヨハネパウロ2世死去
 5位 ロンドンの爆弾テロ
 6位 地球温暖化
 6位 鳥インフルエンザ
 8位 パキスタンの地震
 8位 バリ島の爆弾テロ
 当然といえば当然ながら明るいニュースは皆無。自然災害と人災が大部分を占めていて暗い気持ちになった。

【参考】国別の調査結果一覧表(PDFファイル)
posted by らくだ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。