2005年12月14日

古本とジェイコム株

 読み終わった本をたまにアマゾンで売っている。これまではある程度数がまとまると段ボールに入れてブックオフに売っていたのだが、これだと計り売りに近い感覚だ。自分としては2度と読まない本だって、これを求めている人がどこかに必ずいるにちがいないってこともある。そういう本だけアマゾンに出品するようになった。

 アマゾンだと1冊ずつ発送しなくちゃいけないから、そんなに大量に出品できないのだが、読んでくれる人に届くという安心感がある。年末も近くなったから、2、3冊出品しようかと思ってふと考えた。
 例えば1800円の本を1000円で売ろうと思ったとする。1000円で1冊と入力しなくちゃいけないところ、間違って1円で1000冊なんて登録したらどうなるのだろう。アマゾンの場合、売れたあとでも売り手側から取引をキャンセルできるはずなのだが、自分はそんな手続きをしたことがないので、うまくいかないかもしれない。ヘタすると売買契約が破棄できず、定価の1800円で999冊を買い入れて1円で1000冊売らなくちゃいけなくなったりして…。
 最近のジェイコム株騒動のせいか用心深くなっている。でも安心。アマゾンの出品画面は数量の欄の初期設定が「1」になっているのだ。なかなかお利口さんにできている。安心して出品することにした。
posted by らくだ at 22:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Amazonのマーケットプレイスの場合、「店舗で売れてしまった場合はご容赦ください」(たぶん古本屋なんでしょう)というのも見かけますんで、注文後の解約は大丈夫かと(汗)
Posted by あるる at 2005年12月14日 22:58
 アマゾンから「あなたの出品した商品が売れました」っていうメールが来るとき、キャンセルする手続きも書いてあったとおもうのですが、いつもその部分を読んでいないので、ふと不安になってしまいました。

 出品者に対して購入者がつける評価が下がるだけなのかな。次回からメールをちゃんと読むようにします。
Posted by らくだ at 2005年12月15日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。