2005年12月10日

日本の賭け率F組で最悪…

 ドイツW杯の予選リーグ組み合わせが決まった。テレビで見たブラジルの一般市民の反応は「日本などのいる楽なグループに入れてラッキー」といったところだ。まぁ、そうだろうな。

 F組はFIFAのランキングだとブラジル1位、日本は15位で、クロアチアは20位、オーストラリアは49位というから、これだけでみると日本はなんとなく決勝リーグに進めそうな雰囲気なのだが、世界の一般市民?の見方はそんなに甘くないようだ。

 オンライン・ブックメーカーのlandbrokes.comによると、優勝予想の賭け率でみるとF組のうち一番有望なのはブラジル(賭け率11/4)なのは当然として、次がクロアチア(50/1)、オーストラリア(125/1)、日本(150/1)の順だ。要するに日本はF組の中で一番弱いと見られているのね…。ちなみに日本の賭け率は韓国と一緒だ。

 日本時間10日午後6時すぎ現在の賭け率は以下の通り。賭け率はオリジナルの分数表示のままで計算していない。末尾のアルファベットは予選リーグの組み合わせ。
ブラジル 11/4 F
イングランド 6/1 B
アルゼンチン 7/1 C
ドイツ 7/1 A
イタリア 8/1 E
オランダ 10/1 C
フランス 12/1 G
スペイン 12/1 H
ポルトガル 20/1 D
チェコ 33/1 E
スウェーデン 33/1 B
クロアチア 50/1 F
メキシコ 50/1 D
ウクライナ 50/1 H
コートジボアール  66/1 C
セルビア・モンテネグロ 66/1 C
パラグアイ 80/1 B
ポーランド 80/1 A
米国 80/1 E
スイス 100/1 G
オーストラリア 125/1 F
エクアドル 125/1 A
日本 150/1 F
韓国 150/1 G
チュニジア 200/1 H
ガーナ 250/1 E
イラン 250/1 D
コスタリカ 350/1 A
トーゴ 350/1 G
アンゴラ 500/1 D
サウジアラビア 500/1 H
トリニダード・トバゴ 750/1 B
posted by らくだ at 18:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FIFAランクっていうのは、国際試合をこなせばこなす程(つまり、FIFAに貢献すればする程)順位があがるものであって、純粋な強さを計るものではないです。世界の一般市民?の評価の方が事実に近いかと。そんなランキングシステムどーなのよ?って思いますけど。
Posted by モクゾウ at 2005年12月12日 15:28
>モクゾウさん
 FIFAランキングってそういう仕組みなんですか。知りませんでした。教えていただき、どうもありがとうございます。

 世間的には最弱と見られていることをわきまえ、そこから番狂わせを演じられるかどうか見守ろうと思います。

 
Posted by らくだ at 2005年12月12日 20:50
ちなみにオーストラリアの「スポーツベット(賭け)」では、こんな感じのようです〜。

優勝
ブラジル $3.50
ドイツ $7
イギリス $7
アルゼンチン $9
イタリア $9
フランス $12
オーストラリア $61
クロアチア $61
日本 $201

グループFの勝者
$1.15 ブラジル
$7 クロアチア
$13 オーストラリア
$21 日本

上記の額は、$1の掛け金に対する配当だそうです〜。配当金が少ないほど、現実に起こる確率は高いということ(強いチームと見なされているということ)。もしもブラジルが優勝すれば1ドルは3.5倍にしかなりませんが、もしも日本が優勝すると1ドルは201倍になるわけで。・・・、うん、日本は弱いと思われているわけですね〜。さてさて、日本チームは世界の人々を見返すことができるのか。ワクワクドキドキ。

今回は、2002年W杯みたいに韓国に都合のいい明らかにおかしな判定が多発しないであろうドイツでの開催に安堵して私は観戦したいですね〜。

ふむふむ、なるほど。FIFAランキングは、その程度のものだったんですね〜。
Posted by ハググ at 2005年12月12日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。