2008年08月16日

なでしこジャパン

 昨晩テレビをつけたら、なでしこジャパンの対中国戦で沢のヘディングシュートが決まるところだった。結局最後まで見てしまった。これまで『女子サッカーなんて女の子のボール遊び』とバカにしてテレビ観戦したこともなかった自分を恥じた。

 もちろん技術的なレベルは男子サッカーに比べて格段に低い。プロ野球と高校野球なんてもんじゃない格差がある。でもメンタル面のタフさやボールへの執着心は反町ジャパンどころか岡田ジャパンにもまさっているのではないかと感じた。

 これまで見慣れていたのは、ボールが回ってきた時に自分の近くに相手チームの選手がいたら「ヤバっ、敵がきた…」とばかりにすぐにパスを出してボールを回す(しかもそのパスは後ろに出すことも多い)サッカーだ。後ろの方でちまちまとボール回しをしているイメージが強い。

 なでしこの場合は「あたしからボールを奪えるもんなら奪ってみな!」とばかりに自分で持っていく。ドリブルで相手を抜き去ってからパスを出す日本サッカーを初めて見た(しかもパスの精度もなかなか高い)。

 とにかく各人の「前へ前へ」という意識がものすごく強く、見ていてすがすがしい。久しぶりにオリンピック観戦の醍醐味を味わった。特にすばらしかったのは大黒柱の澤選手。攻守にクレバーな動きを見せ、最後まで運動量が落ちない。彼女のプレーには随所で鳥肌がたった。

 最近、岡田ジャパンの試合がつまらなくて見る気になれないのは、勝ち負けとか技術以前に気持ちの問題というのがよく分かった。なでしこには次のアメリカ戦も体当たりですがすがしい試合をしてもらいたい。そして今回の活躍でマスコミのおもちゃにされてしまわないことを願う。
posted by らくだ at 09:24 | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104822008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。