2011年04月19日

台湾の新聞に感謝の広告を出そう!という運動が始まった

 このブログでも繰り返し書いている台湾からの義援金は、財団法人交流協会の発表によると、15日の段階で140億円を超えている。日本政府が海外の新聞に出した感謝の広告には台湾が入っておらず、菅首相と交流協会の代表が感謝状を送ったのみ。

 そんな恩知らずな状況では恥ずかしいと思っていた人は私以外にもたくさんいたらしい。有志の木坂麻衣子さんという女性が立ち上げたプロジェクトの名前は「謝謝台湾計画」(http://www.xiexie-taiwan.info/ )。早い話が、広く一般からお金を集めて台湾の新聞に感謝の広告を掲載しようっていう話だ。

 お金を出すなら、そんな広告費よりも被災地への義援金に充てたいというのはもちろん理解できる。しかし、私はかねてより台湾に行くたびに現地の人にすごくお世話になっている。日本に義援金を寄せてくれたであろう人の顔は10人以上思い浮かべられる。人からの「厚意」に対して「感謝」を示すのは人間としての基本だ。

 しかも台湾の場合は人口1人あたり600円の義援金を出すという桁外れの支援を寄せてくれているのだから何かするのは当然だと思い、この運動に賛同してお金を振り込むことにした。

 金額は自由ではなく、1口1000円。ランチを何回かしょぼくすれば捻出できる。決してムリな金額じゃないと思うので、賛同していただける方は公式サイトをよく読んで納得した上で振りこんでいただけたら嬉しいです。受付期間は4月26日までと短いので要注意。

 公式ブログの19日付の記事「集計日報 4月18〜19日分」によると、ATMで記帳しようとしたら件数が多すぎて不可能だったとのこと。そんなに賛同者が多いなんて、日本政府は情けなくても日本人はまだまだ大丈夫だと嬉しくなった。すでに台湾のメディアでも取り上げられている様子。

 木坂さん、すてきなプロジェクトを立ち上げてくれてありがとう! ぜひ多くの日本人の感謝を台湾の人に伝えてください!

参考:謝謝台湾公式ブログ

【関連記事】
台湾の義援金100億円突破がニュースになった! (2011年4月10日) 
台湾からの義援金が100億円に接近(2011年3月30日)
台灣如何看待日本311(台湾の友人が教えてくれた日本支援の動画)(2011年3月20日)  
台湾のチャリティ番組が日本に21億円の義援金
(2011年3月22日)
       
posted by らくだ at 18:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。