2010年10月04日

春子ばあちゃんとの再会

 なぜかパソコンが一時的に?復活した。週末は春子ばあちゃんとばあちゃんの家族にどっぷりとお世話になってしまった。先日の台風で浸水し膝まで水に浸かったというばあちゃんの家はいまだ片づけ中。本来なら訪問はこちらから遠慮すべきだったけれど、ばあちゃんは大歓迎してくれた。

 土曜日は午後ばあちゃんの家を訪ね、夕方からは高級日本食レストラン!に招待してもらって、ばあちゃんの弟、台北在住の長男、三男とその奥さんを交えて会食。刺身に始まり、寿司に天ぷらにうなぎの蒲焼にサーモンフライに焼きうどんに寄せ鍋その他いろいろな料理が次々にテーブルに並び、友人ともどもお腹いっぱいで苦しくなるほど食べた。食後は弟さん宅でお茶をご馳走になり、夜遅くまで楽しんだ。

 日曜日は春子ばあちゃん、三男と奥さん、私と友達の5人で温泉へ日帰りドライブ。ばあちゃんは道中疲れも見せずに軍歌や唱歌を歌いまくった。台湾でBMWに載せてもらい、その中で軍歌を聴くとは思ってもいなかった。温泉への入場料は私が出そうと思っていたら、「もう入浴券を持っているから」と言われ、昼ごはんも鴨料理フルコースの晩ご飯もお世話になった。

 おまけにお土産も烏龍茶3缶とばあちゃんの売り物に違いないアメジスト?のネックレスと夜光石?の玉、古銭を2人そろっていただいた。日本からのお土産を渡してやっと荷物が軽くなったと喜んだのもつかの間、台湾到着時よりも荷物が増えてしまった。何から何まで至れり尽くせりの1日半だった。

 たかだか温泉で偶然出会っただけなのに。台湾人(というか本省人)のホスピタリティの凄さを実感した2日間だった。何回も台湾に来ている私でもうろたえるほどだったから、台湾初訪問の友人はさぞがし面食らったに違いない(というのは、あとになってみれば単なる私の思い込みだった…)。一方の春子ばあちゃんは「奇縁」の一言でサラリと片付ける。「お金はなくなったら働けばまた手に入るけれど、人情をなくしたらダメです」。そりゃそうなんだけど、ばあちゃんと家族の境地に達するのは困難だ。

 例えば私が温泉で偶然会った外国人と意気投合して連絡先を交換、向こうが写真を送ってくれたりして交流が続いたとしても、相手が日本にやってきたときに友人ぐるみでここまで面倒を見ることは到底できない。自分との器の違いを実感した週末でもあった。

 実はもう一人の陳さん(リンク先の記事に出てくる元軍人)にも電話したところだ。陳さんはすごく喜んでくれた。3月に出会った温泉に私が来るものと決め付け、「いつ着きますか?」と今にも家を出そうな雰囲気。今回はその温泉に行く予定はなかったのだが、とても言えなかった。そんなに楽しみにしてくれるのなら、喜んで行くつもり。予定は明日また相談することにした。今回は新規の温泉にほとんど行けないけれど、そんな旅もまたよし。
    
posted by らくだ at 23:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。