2010年09月25日

日本人開放を要求すべし

 遅ればせながら尖閣諸島問題というか中国人船長があっさりと釈放された件、日本国民としてはあっけに取られたというか、残念というか、腹立たしいというか、不愉快というか、何と表現すればいいのだろう。釈放の発表され方についても「どこが政治主導なんじゃい!」と亀田興毅風の口調で悪態をついた。だって前原さんは「日本の国内法に基づいて粛々と…」とか言っていたのに、話が全然違うじゃない。

 中国は釈放されてもなお「謝罪と賠償」を求めているそうで、あくまで攻めの姿勢。訪日観光の自粛や閣僚級以上の交流停止などの報復措置を当面継続するという。日本はいいようにやられっ放しのまま、ウヤムヤにして幕引きを図るんだろうか。中国は「日本に対しては強硬にでればこっちの言うことを聞く」って分かってしまったから、これからはさらに見下されそうだ。

 しかし、全く関係のない第三国の人間の立場でみれば、自国民が拘束されてその拘束が不当であると認識しているのなら、強硬に返還を求めるのは政府としてごく当たり前のことだと思う。日本はなぜ断固たる姿勢でフジタの日本人社員4人の解放を求めないのだろうか? それが不思議だし、日本国民としてはガッカリだ。もしかして拘束されてしかるべしと判断しているわけじゃないよね。

 北朝鮮の拉致問題だって、日本が早い段階で今回の中国みたいな強硬姿勢で臨んでいたら、もっと好ましい展開になっていたと思う。拉致被害者の家族は今回の一連の騒ぎをどんな思いで見ているのだろう。
       
posted by らくだ at 23:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。