2010年04月13日

2日続きで…

IMG_1639.jpg 朝方の7時すぎ、我が家の地域担当の集配郵便局から電話がかかってきた。こんなの初めてのことだ。「海外から書留が届いているのですが住所が不完全でして、丁目番地の数字部分に電話番号が書いてあったので電話しました」という。「その書留って台湾からですか?」「あ、心当たりありますか?」「はい、まぁ…」という会話を交わした。

 予想通り春子ばあちゃんからだった。確かに番地部分に電話番号が漢数字で書いてある。しかし、丁目番地も住宅番号もちゃんと書いてあった。封筒の一番上の郵便番号部分に。不思議な表記ではあるけれど、郵便局の人も分かってもよさそうなもんだと後で思った。

 きのうは陳さん、今日は春子ばあちゃんと2日続きで台湾からの便り。しかも春子ばあちゃん、先日の電話で「何か送るから」と言っていた通り、天然石のネックレスを2本同封してくれていた。手紙には「そまつの物ですが請笑納」と書いてある。日本風の謙遜がばあちゃんらしい。「又合へるのを楽しみに待て居ります」ともあった。

 台湾で会った際はこちらが日本の絵葉書を2枚差し上げたら、植民地時代の銀貨3枚とチーク材の立派な箱(象嵌細工付)をくれ、今回は写真を2枚送ったらネックレス2本だ。どうみたってもらいすぎ。わらしべ長者だってこんなにうまいこといかないだろう。

 DVDは日本と台湾のリージョンコードが違うから送るのを諦めたので、日本の唱歌などのCDを送ることにした。軍歌のCDは没収されてしまうだろうか? 今の時代ならもう大丈夫かな? 少し不安なのでやめておこう。

 2人の陳さんは偶然私に会ったことで日本への郷愁ともいえる想いが強くなってしまったのだろうか。2人にとっては私が日本の代表みたいなものだと思えば、2人に対して決して恥ずかしいことはできない。2人に会ったことで「人間として正しく生きる」ことについて生まれて初めて考えるようになった。
 
 こんな出会いを経験し旅の余韻をこんなに長く味わえるなんて、私はなんて幸せな旅人なんだろう。

【追記】14日にお礼の電話をしたら、「あれサンゴだよ。たくさんあるから心配しなくていいよ」と言われた。いえね、私も短いネックレスを見て『ひょっとしたらこれサンゴじゃないかな?』とは思ったんだけど、なんせジュエリー類にはうとくて自信がなかった。ばあちゃんは先手を取るように「お返しの物なんて送って来ちゃダメだよ」と言っていた。

【過去の関連記事】
2人の陳さん(2010年3月10日)
春子ばあちゃんからの電話(2010年3月31日)
陳さんからの手紙(2010年4月12日)
       
タグ:台湾
posted by らくだ at 23:50 | Comment(7) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。