2010年02月28日

春仕様に変身

 明日はもう3月。年をとるにつれて月日が加速度をつけてすぎさっていくように感じる。ちょっと気分を変えたくて、バナー画像を春仕様にした。日本の春というにはあまりにもベタな風景すぎるかな。もちろん自分が撮った画像じゃなくてSeesaaのライブラリからワンタッチでバナーにすることができる。
posted by らくだ at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

祝!銀メダル

 フィギュアスケートの話題で持ち切り。浅田選手が金メダルを取れなかったことを残念に思う人が圧倒的に多いみたい。というかマスコミの論調がそれ一色だ。

 でも、私は「真央ちゃんよくやった!」と嬉しい。シーズン初めのころは絶不調でオリンピック出場も危ぶまれていたのに、よくぞここまで持ち直した。それに何年か前は「ノーミスをして…」という不思議な言い回しをしていた真央ちゃんが、今回は「パーフェクトに滑って」と普通の表現で話していて、そんなところでも成長を感じた。

 そりゃね、得点を見ると不可解なことはある。トリプルアクセルを2回も決めた真央ちゃんのフリーは、別のところでミスがあったとはいえ131.72。3位に入ったカナダのロシェット選手は素人目には大技を繰り出したとも思えないのに131.28とそれほど大差がつかなかった。

 苦労していたトリプルアクセルが成功してもそれほどポイントに結びつかないなら、もっとラクに効率よくポイントを稼げる内容にできなかったのだろうか。今更何をいっても「たられば」の話になってしまうのだが。

 安藤ミキティは手堅くまとめた感じ。4年前の「自分以外は全員敵」みたいなトゲトゲしさがなくなった。何日か前にどこかで「感謝の気持ちを示したい」というような彼女の言葉を読み、4年間での成長を感じて他人事ながら嬉しかった。鈴木選手は会心のパフォーマンスができたみたいで、満足そうな感極まった表情がよかった。日本勢は男女ともに全員入賞だそうで、おめでとうございます。

 それにしてもキム・ヨナ選手は強かった。正直に書くと今日のフリー演技は全くといっていいほど印象に残っていない。しかし、007の曲を使ったショートプログラムは本当にうまく構成されていて、私はこれから何年たってもキム・ヨナ選手の名前を聞くと「007のフィギュアスケートの人」として思い出すだろう。それだけ強い印象を残した。振り付けがいいのか、音楽のアレンジがいいのか、それとも彼女自身の良さなのだろうか。金メダルおめでとうございます。
    
posted by らくだ at 20:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

懸賞の当選確率を上げるには

 某オフィスで聞いた話。どの懸賞にも当てはまるわけじゃなく、当然ながら「公正取引委員会の定めに基づき…」なんて記載のある大型懸賞には当てはまらないと思うのだが、当選しやすくするにはこんな秘訣があるそうだ。
1.宛先を自分で書く場合は○○○御中と書く。既に印刷されている場合は○○○行を○○○御中に直す。

2.自由記入欄にネガティブなことを書かない。

3.字は丁寧に書く。
 そんなの当たり前じゃんと思う方もいるだろうけれど、1.に関してはほぼ半数が「○○○行」になっていて、この半分が振るい落とされているそうだ。ちゃんと「○○○御中」としていればライバルが半分になったのと同じこと。これは大きい。2と3は私でも想像はつく。こちらは建設的な批判だと思っていても、向こうは「こんな批判を書いておいてモノをもらおうなんて!」と憤慨するものだ。

 ただし、どこのオフィスでもそんな振るい分けをやっているかどうかは不明。
    
posted by らくだ at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 話題 | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

ブログは復活したけれど…

 予定よりも29時間ほど遅れてブログが復活した。と思ったら復活したのは閲覧だけだったみたいで、新しい記事を書いて送信ボタンを押したら記事部分が消えてエラーメッセージが表示された。当然ながら記事はアップされなかった。(><)

 果たして今度はどうかな? あまりにも復活が遅いので『いよいよSeesaaもおしまいなのか…』などと考えていた。3、4年前だったら予定期間を大幅に上回るメンテナンスにイライラ、キリキリしていたと思う。でも、今回は『このまま全部消えちゃってもいっか、そうしたらどこかでまた一から始めよう』って落ち着いていられた。

 なぜかっていうとネット上の定位置で活動を続けるのにやや疲れ気味だから。向いている人と不向きな人がいるとしたら私は断然後者。面倒くさくなってきた。

 例えばスパム君(と勝手に読んでいる)。意味不明かつ無記名のメールを数日おきに送ってくる。このブログを読んでいるのかウェブサイトの読者なのか分からない。最初の2通だけ読んだ「私は○○大学○○学部を卒業しました」「○○さん(有名人)は私のことをすごいと言ってくれました」などと綴られ、私にどんな用件があるのか一切分からない。

 スパムに登録したので一安心と思いきや、数日おきにスパムメールフォルダを確認するので、どうしてもスパム君のメールも目に入ってしまう。たまに1週間くらいメールが来ないと『あれ、スパム君たら病気にでもかかっているんだろうか』と心配になり、毎日スパムメールをチェックしてスパム君が復活すると一安心。そんなことにエネルギーを使っている自分に呆れている。

 もしスパム君が読んでいたらいたずらに刺激してしまうかもしれないなぁ。ま、いいや。
   
posted by らくだ at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

メンテナンスは23日実施です

【お詫び】メンテナンスの終了が大幅にずれ込み、予定よりも24時間以上遅れた2月24日夕方に復旧した様子です。覗きに来てくれたみなさま、どうも申し訳ありませんでした。Seesaaからのお知らせには午後1時半に復旧したと書いてありますが、原因についての説明は見当たりません。

 9日の午前に実施するとお知らせしながら延期になったSeesaaブログのシステムメンテナンスは、2月23日(火)に実施されることになりました。23日は午前2時から正午頃までこのブログを閲覧できません。ご了承ください。
  
posted by らくだ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ、訂正など | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

新宿三丁目駅&ベビーカー

 自分が必要ないから気付いていなかった。地下鉄・新宿三丁目駅で副都心線と丸ノ内線を乗り替える場合、副都心線→丸ノ内線はエスカレーターがあるものの逆方向に乗り換える場合、エレベーターもエスカレーターもないってことを。

 丸ノ内線から副都心線に乗り換える際、階段の上で困り果てた若いママさんに声をかけられた。すみません「手を貸していただけないでしょうか?」 買い物帰りらしく紙袋も持っていたし、どうみても1人でベビーカーを持ちあげて乗り換えるのはムリ。夫の荷物を私が持ち、夫が手を貸した。ママさんは「行きはエスカレーターを使えたんですが…」と恐縮していた。

 副都心線て数年前にできたばかりなのに、乗り換え時のバリアフリー化が進んでいないなんて、信じられない。呼び出しベルでも設置されていて、それを押すと駅員が来てエスカレーターを逆方向に動かしてくれるんだろうか? そうだとしても、目立つところに呼び出しベルはなかったし、いちいち呼び出してエスカレーターの運転を切りかえるんじゃ大変だ。
    
posted by らくだ at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

築地をブラブラ

 急に思い立って築地市場を見物してきた。外国人から注目されている日本の観光スポットで1位になっている(2009年4月2日付の「外国人注目の日本の観光スポット」を参照)のに、これまで一回も訪ねたことがなかった。私の周辺でも一度も行ったことがないという人が多い。

 まったく予習をしないで行ったのが大失敗。もうちょっとで場外市場だけブラブラして帰るところだった。中国人観光客の方が私よりもよほど詳しく、場内まで歩き回って吉野家の一号店前で記念撮影していた。買い物目的で行くにしても、食べ歩き目的で行くにしても、事前の情報収集が必須だったと反省。

tsukiji1.jpg
競り落とされたマグロが鮨屋の前に置いてあった。

tsukiji2.jpg
テリー伊藤のお兄さんがやっている卵焼きの店。卵焼き専門店というものを初めて見たかもしれない。しかもこの店以外にも何軒もあってビックリした。

tsukiji4.jpg
築地ならではのこんなTシャツを売っている。

tsukiji5.jpg
お寿司の模型は握りが1つ630円、軍艦巻きが840円。

tsukiji6.jpg
場内・場外ともに、このターレーが走り回っている。かなり危ない。というよりも、場内市場など見物客がこんなところまで入って歩き回れるんだ〜と驚いたところもある(上の写真は場外)。

 場外で海鮮丼を食べたけれど、お茶もご飯もみそ汁も全てぬるく、イクラのプチっと感が強いかなぁ程度でガッカリ。人気のある店は数十人の行列ができていた。たとえ事前に情報を仕入れていても、あの行列に並ぶだけの気合はないなぁ。
         
posted by らくだ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

東京の銭湯廃業と函館市の新しい動き

unoki1.jpg

 温泉情報を紹介するブログをやめて1年余りたつっていうのに、いまだに情報を送ってくださる人がいる。感謝感激だ。今日は鹿児島県薩摩川内市にある「湖畔リゾートホテルいむた」が3月30日と4月30日に入浴料を30円にするという情報をいただいた。それとは別件で2週間ほど前に「大田区の鵜の木温泉が2月21日で廃業します」というメールをいただき、ようやく時間ができたので出かけてきた。
 
unoki2.jpg

 入口と脱衣所には廃業を知らせるあいさつ文が貼り出されている。受付にいた女性は「雇われの身なので今後についての詳細は知らないが、多分取り壊されるのではないかと思う」と話してくれた。約60年の歴史がある銭湯で50年も働き続けてきたというのだから、寂しさもひとしおだろう。脱衣所でのご婦人方の話題も「来週からどこのお風呂に行くか」に集中していた。

 燃料の高騰が一段落したことで銭湯の廃業も一服するのかと思っていたのだが、経営者の高齢化と後継者不足や新興温浴施設との競合は慢性的な問題。何も変わっていない(といってもこの「鵜の木天然温泉」の廃業理由は把握していない)。

 銭湯と新興の大型温浴施設の競合といった点では最近、気になる記事を見かけた。2月6日付の毎日新聞(リンク切れの場合はこちらのウェブ魚拓を参照)で、函館市が温浴施設を対象に実施している上下水道料金の減免について、新年度から施設面積に上限を設けて適用するというニュースだ。施設面積が340平方メートル以下の施設なら従来通り下水道料金が95%、上水道料金が47%が割り引かれるが、340平方メートルを超える上下水道とともに満額の100%を支払わなくてはならない。

 ただ、340平方メートルを超える既存の15施設については従来通りの減免が適用されるとのこと。4月以降に新規開業する大型施設の負担が跳ね上がることから、事実上のスーパー銭湯締め出しと受け止められている。

 確かに、大型の温浴施設は日常生活において衛生上の理由から必要というわけではなく明らかに娯楽目的の施設だ。上下水道料の減免措置が日常生活に欠かせない風呂を提供しているという理由である以上、函館市の方針変換は理解できる。しかし、この動きがほかの地方自治体に広がったら温浴業界にとっては大打撃だろうな。今後の動きに要注目だ。
        
posted by らくだ at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉・温浴 | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

「日本人として恥ずかしい」感覚

 やっぱり書いてしまう。ここ一週間ほど話題を独占しているともいえるスノーボードのオリンピック代表・国母選手のことだ。私の場合、最初に記者会見を見たので「ウ〜ン」と絶句したし、あの顔にあのヘアスタイルは似合っていないな〜と思った。

 でも、服装については「若気の至り(苦笑)」と思ったし、あの服装が同じ日本人として恥ずかしくて許せないなんて気持ちは皆無だった。現地入りの段階でそこまでオリンピック選手に求めていない。むしろ国母選手の母校である東海大学がパブリックビューイングをやめたと聞いて『バッシングを受けているこういう時に応援してあげるのが、在校生や仲間に対する思いやりだろうに!』って憤慨した。

 しかし、私の友人・知人には興奮気味に「あれは絶対に許せない!」と言う人が多い。関連団体に抗議の電話やメールが相次いだとも聞く。なんで多くの人がそんなに興奮して行動を起こしたのかちょっと理解できない。別に私は他人の言動に寛容ってわけじゃなく、どちらかといえば厳しいと自覚しているのだけど。

 「絶対に許せない!」と断言する友人と話していて、私が以前に何回か「日本人として恥ずかしい」と感じたことがあったのを思い出した。お笑い芸人を中心とした芸能人が海外で奇抜な格好をしておバカなことをしているのをテレビで見た時だ。ロケ現場に通りかかった現地の人は日本人のバカぶりにあきれ返ったんじゃないかって心配になった。

 例えば1、2年前に泉ピン子がミラノでヘンな服装でバカキャラを演じていたが、日本なら「大女優の泉ピン子がバカなことやってる」と見てもらえても、海外ではそうはいかない。制服に太眉のイモト?という人も、プロデューサーにやらされているのだろうけれど、あの外見はちょっと恥ずかしい(本人は愛すべきキャラだと思うが)。あぁいう番組って海外に輸出されることもあるし(海外旅行中に現地のテレビで日本のバラエティ番組を見て恥ずかしくなったことは何回かある)。

 友人にその話をしたら、オリンピック選手は国の代表だけど芸能人は個人の立場だから何をやってもいいのだと言われた。しかし、私の恥ずかしいという気持ちはそんなにうまく切り替えられそうにない。
    
posted by らくだ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

チョコ騒動

IMG_0007.jpg 夫が手作りにこだわるので無印良品でガトーショコラと生チョコの手作りセットを買ってきて作ることにした。このセットだけでは作れず、ガトーショコラは卵と牛乳とバター、生チョコは生ミルクとオプションで洋酒が必要だ。

 生チョコから取り掛かる。湯せんで生クリームを温めてチョコチップを溶かし、型に流しいれて固まったら型抜きするだけ。簡単だ。作り方には2段に分けるようにと出ていたのに、とても2段にするだけの量はないように思えたので1段にまとめ、冷やし固めるために冷蔵庫に入れておいた。

 すると、そのあとで起きてきた夫が朝ごはんを食べる際に冷蔵庫内のお皿を動かし、よりによって固まっていないチョコの上に…。(><)当然ながら表面はデコボコになってしまった。使えるところだけ使って、もう一度溶かしてから固めることにした。

 ガトーショコラはこれまでも何回か作っているので気楽だ。材料がほとんどいっぺんに揃うセットは簡単でいい。こっちは問題なく作れた。6等分するとハート型になり、小分けにする袋も入っている。

 生チョコが固まったところで、セットに入っているハート型で型抜きする。残ったチョコは再び溶かして固め、四角形に切る。ハート形のチョコにはココアの粉末を茶漉しでパラパラと振った。少し残ったデコボコもココアで隠してどうにか完成。

 しかし、箱にギチギチに詰めると取り出して食べるのが大変。生チョコって柔らかいから手にくっついてしまうのだ。作り方には「プレゼントの際は、ピックやようじなどを添えると親切です」と書いてあった。バレンタインの手作り生チョコに爪楊枝ですか…。

 しかも、自宅で作って自宅で食べる我が家だからいいものの、これをプレゼントしようと持ち歩いたら、箱の中でグシャグシャになってしまいそう。やはり1つずつ間仕切りがあった方がいい。来年のセットでは間仕切りとしゃれたピック付の改良に期待したい。
    
posted by らくだ at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

会津鉄道・鉄子の旅

 鉄子エントリー。直前の「ネコ名誉駅長と人間たち」で書いた通り、真冬の会津に行って来た。というのも、どういう風の吹きまわしか温泉嫌いの夫が「温泉に行って泊まってもいい」と言い出したからだ。バレンタインデーが近いからだろうか。

 気が変わらないうちに急げ!ってんで、さっさと決めて出かけることにした。幸いなことに現地では風がほとんど吹かず、ブルブル震えあがった年明けの鹿児島よりもずっと暖かく感じた。これまで冬場は南紀とか九州など比較的暖かい地域限定で出かけていたのだが、この分ならこれからは東北も行動範囲に入れられそうだ。

 新しいカメラはまだ使いこなせない。それに雪景色の写真を撮るのにも慣れていないので、露出補正にかなり苦労した。

IMG_0055.jpg
弥五島駅に入ってくる会津若松行きの列車。

IMG0171.jpg
塔のへつり駅に入ってくる会津若松行きの列車。一晩でずいぶん雪が積もった。

IMG_0063.jpg
茅葺屋根の駅舎は日本で唯一この湯野上温泉駅だけだそう。中には囲炉裏がある。

IMG_0141.jpg
湯野上温泉駅に入ってくる会津田島行きの列車。

IMG_0104.jpg
湯野上温泉で泊まった旅館の窓から激写(っていうほどでもないか…)。

IMG_0221.jpg
芦ノ牧温泉駅で交換待ちの列車。数分間の停車中にバス名誉駅長目当ての乗客がカメラを手にどっと降りていた。


大川ダム公園駅から芦ノ牧温泉駅間の終盤部分を列車先頭から撮った動画。
   
posted by らくだ at 16:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする

ネコ名誉駅長と人間たち

IMG_0215.jpg

 JR東日本のツーデーパスを利用して、珍しく真冬に寒いところへ出かけてきた。ツーデーパスは連続2日で5500円と18きっぷよりも高い上に利用範囲も限られているが、JR以外の路線にも乗れるのが魅力(しかし500円値上げされていた)。今回は会津鉄道に乗ってきた。写真は会津鉄道の芦ノ牧温泉駅。

 芦ノ牧温泉駅で有名なのはネコの名誉駅長バス。芦ノ牧温泉にネコ駅長がいることは知っていたものの、名前までは知らなかった。しかし、その人気ぶりたるや私の想像を絶するものがあった。

IMG_0180.jpg

 芦ノ牧温泉で列車を降りると、反対側のホームを女性が歩いていて、丸々と太ったメタボ気味の猫が後ろを歩いている。思わず「あ、あれが駅長だ!」と声を出して夫に苦笑されてしまった。

 女性が何やらネコに話しかけると、駅長は黄色いベンチに飛び上がってちょこんと座った。女性の言うことが分かるらしい。そして女性が駅舎のドアを開けて「はい、どうぞ〜」と中に声をかけると、7、8人がわらわらとホームに現れた。全員がデジカメや携帯を手にしていて、ネコ駅長の周りを取り囲んで写真を撮り始めた。私たちもそれに加わって写真を撮る。

IMG_0183.jpg この7、8人の人たちは写真を撮り終わると満足そうにどこかに去って行った。わざわざネコ駅長の写真を撮るためにやってきて入場券を買ってホームに入ったらしい。

 芦ノ牧温泉駅に行ったのはネコ駅長のバスに会うためではない。芦ノ牧温泉までタクシーで往復して日帰り入浴しようと思っていた。しかし、片道1500円かかると聞いてすっかり行く気をなくし、次の列車が来るまで駅舎で1時間ほど時間をつぶすことになった。

 撮影タイムが終わると駅長は駅事務所に入って窓際に陣取って座っていたが、しばらくすると再び先ほどの女性のあとについて出てきた。駅待合室の中に駅長専用のスペース(ネコ型のクッションなどが置いてある)があり、そこで寝るようにと女性が促すとおとなしくそれに従っている。しかも駅長の帽子をずっと被ったままなのがすごい。

 普通のネコなら嫌がって振り落としそうなもんだけど。女性に「駅長はずっと帽子を被っているんですか?」と尋ねたら、「はい、8時半から4時半は勤務時間ですから」とのこと。そのプロ意識?に感心した。

IMG_0211.jpg

 しばらくして、どこかの温泉宿からの送迎車が到着、10人ほどの観光客がやってきた。待合室で寝ている駅長を見て、みんな携帯やデジカメを取り出した。しかし、この人たちときたらマナーは最悪だった。

 あちこちに「フラッシュ厳禁!」と書いてあるのにフラッシュを使う人はいるし、思うようなアングルで写真が撮れないのか寝ている駅長の顔を無理やりグイッと動かす人はいるし、自分の子供2人と駅長を一緒に撮ろうとする母親が子供に「もっと近づいて」と言うと子供が「怖い〜」と言って騒ぐし、一気に阿鼻叫喚の場になった。

 駅長は人間たちの傍若無人ぶりをしばらく我慢していたが、人波をスルッとくぐりぬけて事務所に入って行った。母親は子供に向かって「あんたがノロノロするから…」と責めていたが、そもそもあんなにおとなしいネコを怖がっているというのに、一緒に写真に撮ろうってのが間違っているとしか思えない。

 ネコの駅長と聞いて『ふ〜ん、和歌山でタマ駅長が人気だからって二匹目のドジョウならぬネコかぁ』と冷ややかだった私だが、実際のネコ駅長は群がってくる私たち人間たちよりもずっと我慢強い上に思慮深そうに見え、人間の方がよほどオツムが足りなく見えた。これじゃネコが駅長になるのも納得だ。
      
posted by らくだ at 13:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

ユニクロのグリーティングカード

 ブログパーツのカレンダー(右のサイドバー参照)を提供しているユニクロが、グリーティングカードの提供も始めていた。といっても、郵便で送るカードじゃなくてメールの話。

 今準備されているフォーマットは、ペンギンの行進、ウインタースポーツ、祭り、列車、都市の夜景、空(雲)、夏の浜辺、紅葉の8種類。メッセージを書けるのはもちろん、送信日を指定することもできる。残念ながら送信時間は指定できない。

 実際のグリーティングカードを見るにはユニクロカレンダー(音楽が鳴ります)の右側中ほどにあるGreeting Cardをクリックしてみてください。

 ただこれ、Gメールで受信したら「画像を表示する」にしても完全には表示されず、なんだかみすぼらしい感じになってしまった。
    
posted by らくだ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

「ダメな日本」報道にショボン

 最近、英語力の低下を痛感、移動時などの空き時間にPodcastで取り込んだ英語のニュースを聞くようにしている。海外メディアを通して見る日本像に違和感を感じることもある。

 例えば、トヨタのリコール問題について、どこかのニュース(まぜこぜにして聞いているのでどこのか忘れた)で「日本は『トヨタ・ランド』とも言われている」なんて言っていたが、私はこれまでにトヨタ・ランドなんて言葉を一回だって見たこともり聞いたこともない。そんな言葉が日本を意味するなんて初耳だった。

 しかも、何十年も続いた自民党支配の終焉、JALの倒産、デフレの再来といった問題にトヨタのリコール問題が追い打ちをかけているんだそう。確かにそうやって並べると「ダメな日本」を表現しやすいんだろう。聞いていると暗〜い気持ちになってくる。

 しかし、自民党の敗北とトヨタ問題を結び付けて考えたこともない私は素直に受取れず、穿った見方に思えてしかたなかった。逆に考えると、こんな風に報道されるってことは、海外での「日本車神話」がガラガラと音を立てて崩壊中ってことなのかもしれない。クライスラー化するトヨタまで視野に入れているのか?

 日本に関する明るいニュースを考えてみたのだが、確かに何も思い浮かばない。なんだか悲しい。
    
posted by らくだ at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2月9日午前は閲覧できません

【お知らせ】メンテナンスは延期されました。実施時期は未定です。

 私の利用しているSeesaaブログが2010年2月9日(火)の午前2時から正午ころまでシステムメンテナンスを実施します。その間はブログの閲覧ができません。メンテナンスの終了時間は変更される可能性もあります。どうぞご了承ください。


    
posted by らくだ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ、訂正など | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。