2009年10月17日

どんなウルトラC?

 来年度予算の概算要求が90兆円台半ばから後半になるとの報道が出そろった。う〜む。なんだかすごい水準だ。今年度については税収が見込みを大きく下回ることから国債を増発するそうだ。そりゃま、当然といえば当然なんだけど、ワケが分からないのは、朝日新聞に出ていた野田佳彦財務副大臣の会見内容
 野田副大臣は概算要求発表の記者会見で、09年度税収について、見積もりより6兆円少ない40兆円以下に落ち込む可能性を指摘。「税収の落ち込み見合いの公債増発はやむを得ない」と述べた。10年度も税収が低迷する可能性が高いが、新規国債発行額については「(現時点で09年度に予定する)44兆円を下回るとの方針を堅持する」とし、抑制に努める姿勢を示した。
 今年度の国債発行が50兆円の大台に乗せようかっていうのに、来年度の発行が44兆円を下回るなんてあり得るんだろうか? こんな無責任なこと言っていて大丈夫? 発言に責任とってくれるんですか? 無駄遣いの削減とか埋蔵金の活用とかいうレベルの話じゃないと思うのだが…。あるいは何かウルトラCレベルの隠し玉を持っているのだろうか?

 理想を語るだけなら簡単。実現には先立つものが必要。人気取りのバラマキをすればツケは国民に回される。上記の記事を読んで『マスコミはまだまだ新政権に好意的なんだな』と感じた。年内いっぱいくらい蜜月状態が続いて、年明け頃には掌を返すように(麻生さんの漢字読み間違えに飛びつくような感じで)政権批判が始まって支持率も右肩下がり、かな。
 
posted by らくだ at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。