2009年04月20日

おばさんシンデレラ

 ここ1、2日というもの世界中のブログが彼女の話題でにぎわっている。あたしも書かずにいられない。つい先日48歳になったイギリスのスーザン・ボイルSusan Boyleさんのことだ。

 日本でも多くのメディアが取り上げているので既に多くの方がご存じと思うが、念のためユーチューブへのリンクを張っておく。まだ見ていない方は以下の文章を読む前にぜひ一見を。ただし音が出るので職場などでご覧の方は要注意。

http://www.youtube.com/watch?v=1t8m7CkpIK0 (7分半)

 これを見て気持ちよく泣けた。たぶんラジオで聞いていたなら、たとえ日本語番組で内容が全部聞きとれたとしても泣けなかっただろう。失礼ながら、やはり彼女の外見が影響しているのだと思う。そのうえで、会場にいる観客や審査員と同じ気分を味わった。彼女が歌い出した瞬間に空気がガラッと変わるのが小気味よい。審査員の表情が真の才能に出会った喜びに満ちている。

 彼女のすごいところは自信と控え目なところのバランス加減と卑屈さがまったくないところだ。誰もがバカにした視線を送っているのに自分の夢は「プロの歌手になること」、「これまでチャンスがなかったけれど、ここで変わるかもしれない」、「目標はエレイン・ペイジ」と言い切った。12歳のときから歌い続けて35年、自分から行動を起こしてこんなふうに才能が花開くこともあるんだ。なんだかすごく勇気をもらった。

 惜しむらくはお母さんのことだ。テレビで歌うことは2年前に亡くなったお母さんとの約束だったという。この雄姿をお母さんに見せてあげられなかったのが他人事ながら残念でならない。

 数年前に同じ番組で発掘されたオペラ歌手のポール・ポッツを思い出した。彼は今じゃ押しも押されぬ大スター。このボイルさんはまだ予選を勝ち抜いた段階らしいけれど、マスコミが放っておくはずない。これから世間の荒波に揉まれて変わっていくのだろうか。ちょっと心配ではある。

 日本にもどこかに同じような才能が眠っているかもしれない。歌手デビューする人の多くは歌唱力だけでなくて容姿、それに若さも必要だから。こんな番組が日本であったら、いったいどんな人が出てくるんだろう? 
posted by らくだ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。