2008年01月30日

電車「乗り入れ」の悲劇

 最近はJR・私鉄(地下鉄含む)を問わず、いろんな路線が複雑に乗り入れているから、普段行かない場所に行くときはちょっと緊張する。自分の乗る電車が来るプラットホームだからといって、やって来る全ての電車が自分の目的地に行くわけじゃない。

 自分の行くのが「○○駅」だと分かっていても、電車や駅の案内板に出ているのは終点の駅名と、よくても途中の大きな駅だけ。だから、自分の降りる駅だけじゃなく、終点まで知っていないと、とんでもないところに行ってしまう恐れがある(終着駅はとんでもない遠隔地にあって聞いたこともなかったりする)。

 駅員に確かめようにも、最近はどの鉄道会社も合理化を進めていてホームにいる駅員が少ない。仕方なく他の乗客に聞いても「ごめんなさい、自分の行くところしか分かりません」と言われることが多いし、私だって聞かれたら「すみません、自分が目的地にたどり着けるかどうかも怪しいんです」って謝るしかない。

 さすがに東京では記憶にないけれど、関西で一度「ここはどこ?」状態になったことがある。何回も利用している駅からいつも乗る電車に乗ったつもりが違う線に乗り入れていて、気が付いてみたら全く知らないところを走っていたのだ。

 こんなことを書く気になったのは、たまたまこんなコラムを発見したから(この遙洋子さんという人がどんな人物なのかは全然知らない)。さすがに東京から1時間も乗ったのに目的地の海浜幕張じゃなくて府中に到着しちゃったらショックだろうな。それに(自分で書くのもなんだけど)東京の人間は知らない人に冷たいし。正確にいうと東京の人間が冷たいと自覚しているわけじゃない。関西に行くと『関西の人って面倒見がいいなぁ』と実感するってこと。

 乗り入れも慣れれば便利なんだけどね。面倒な乗り換えの回数が減るし。いつも使っている有楽町線も東上線、西武線と乗り入れていて、6月には副都心線が開通する。きっと戸惑う人がたくさん出るに違いない。せめて尋ねられたときには正しい情報を教えてあげたいもんだ。
posted by らくだ at 21:57 | Comment(5) | TrackBack(1) | 話題 | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

“人気ブログ”の誤算

 このブログはいい具合にアクセスも落ちてきて、ノビノビできるようになった。1日に万単位のアクセスがあって、数分単位でコメントが寄せられて身動きがとれなかった時代がちょっと懐かしくもある。

 不思議なことに『アクセスを増やしたい』と思っていろいろ手段を講じてもほとんど効果はないのに、『もうこれ以上訪問者が来なくてもいい、どちらかといえば減ってください』と思うと、右肩上がりにアクセスが伸びたりする。皮肉なもんだ。

 もう一つのブログがこの後者。ちょっと前まで1日2000だったアクセスは最近4000前後で推移している。私の当初の希望が1日100前後だったから、その数十倍だ(数百倍を訂正しました…)。

 アクセスが多くて困るのは、コメントやトラックバックの管理に手間がかかることかな。のんびりやっているときにはなかったスパムが大量に寄せられる。それに自分の意見を書くと賛否両論が拮抗、コメント欄で暴れる人も出没するから、ついつい用心して無味乾燥な情報を垂れ流すだけになってしまう。1日のアクセスは多くても700〜800くらいがいい。

 アクセスが希望の数百倍もある“人気ブログ”になったのだから、企業からの情報収集も当初よりも簡単になるだろうと思っていたら甘かった。

 ある会社に3回質問のメールを送った。1回目はブログを初めてすぐ。数日後に丁寧な回答が来た。2回目はアクセスが100万を突破した後。メールを送ってすぐに先方から電話がかかってきた(問い合わせメールにはメールアドレスだけじゃなく、固定電話の番号も書いている)。電話で個人の道楽だと確認(メールにも書いているのに)して「個人でこんなサイトをやっているなんて不気味ですね」と言われ、こっちは返答に窮して笑ってごまかした。3回目は返事すら来ない…。

 メールの文面は3通ともそれほど違わないはずなのに。その担当者にとっては、さらに不気味さがパワーアップしているのだろうか。これは本当に意外だった。一般読者からの情報提供が増えているからゼロサムかな。
posted by らくだ at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

最速のトラックランナー

 福士加代子のデビュー戦となった大阪女子国際マラソンをテレビ観戦。1万メートルで国内敵なしでハーフマラソンの記録を持っている彼女、初マラソンに向けての練習で距離を積まずにスピード練習しかやっていないと聞き、最初は「さすが非凡なランナーは違うな」と感心していた。

 スタート直後になんとなくヘンだと思ったのは走るフォームがどことなくマラソン向きじゃないような気がしたから。美しいけれど、もっとコンパクトにまとめないと、余計なエネルギーを使ってしまいそうな気がした。ラビット(ペースメーカー)はこのレースには出ていなかったようだ。彼女は前半は独走態勢で、明るい顔をして楽しそうに走っていた。

 食事の片付けなどをして再びテレビを見ると、別人のようにストライドの狭くなって顔つきの変わった彼女がいた。それからほどなくしてズルズルと後続集団に抜かれ、最後は1キロ6分ペース。足がもつれて何回も転びながらゴール。オリンピックどころの騒ぎじゃなかった。

 私が同じ状態になってゴールするよりも、彼女のほうが何倍もつらいはず。だって「最速のトラックランナー」なんだし、オリンピックを目指しているんだし、沿道で応援する人は彼女の顔を名前を知っている人が圧倒的に多いだろう。おまけに無様な自分の姿だけじゃなく親の泣き顔まで全国に中継されているのだから。

 見ていてこっちがつらくなって泣けてきた。よく最後まで走ったもんだ。そこに彼女の非凡さを感じた。私は市民ランナーだから遅くても歩いても一向に気にならないが、彼女と同等の立場にいたら多分途中で棄権していたと思う。

 救いはゴールしたあとの彼女が(少なくとも表向きは)割と明るくケロッとした顔をしていたこと。彼女のことだからこのままで終わるとは思えない。北京は今からトラックで目指すんだろうか。マラソンは別の機会にぜひ再チャレンジしてもらいたい。

 きょうのレースを見ていて、ランナーの間に語り継がれている「走った距離は裏切らない」という格言を思い出した。そんな私は今朝は6キロ余りしか走っていません。
posted by らくだ at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

スタバに1ドルコーヒーが登場

 業績低迷でCEOが交代したばかりのスターバックスが、本社のある米シアトルの一部店舗で1ドルのコーヒーの販売を始めたそうだ(BBC)。

 値上げのニュースばかりのこのご時勢、嬉しいニュースながらアメリカの他の都市と海外での実施は残念ながら未定。たぶん日本では実施されないんじゃないかと思う(外れればいいけど)。

 マクドナルドだったら、100円マックで得した分ほかにもう一品買おうという人がかなり多いかもしれない。スタバの場合、コーヒーが1ドルだから食べ物も…っていう具合にいくか個人的には疑問だ。

 私だけかもしれないけれど、スタバではコーヒー以外のものを買うことって極めてまれ。そのくせ居心地の良い椅子が多いから、こっちに時間があればコーヒー1杯で結構長時間読書してしまう。客の回転率は国内企業の経営するコーヒー店よりも悪そう。ヘタすると1ドルで長時間粘る客ばかりになってしまいそうな気もする。
posted by らくだ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

花粉の気配

 去年の夏に鼻の粘膜をレーザーで焼いてから、通年性アレルギー性鼻炎の調子はなかなかよい。といっても安心しちゃいられない。そろそろ花粉の季節だ。

 私は毎年1月末からクシャミ、鼻づまりがひどくなる。一度耳鼻科に行っておこうと思いつつもグズグズしていたら、きょうはクシャミが3回続けてでた。花粉の予感がする。

 環境省の花粉予測によると、東日本のスギ&ヒノキ花粉は去年の1・5〜3倍に増える見通しだという。埼玉県と山梨県で3倍を超えるっていうけど、我が家なんて埼玉県との境に近いから3倍のクチだ。しかも1月末に寒さが緩むから例年比で5〜10日早く飛散が始まるそうだ。

 焼いた粘膜がまだ完全には再生していないだろうから、いつもの年に比べてラクなはず。でも、飛散量が去年よりも多いから、去年並みのつらさだと思えばいいのかな。早速、明日耳鼻科に行ってこよう。
posted by らくだ at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

ブレードランナーと五輪

 北京オリンピックへの出場を目指していた南アフリカの義足ランナーに対し、国際陸連が数日前に参加を認めない決定を下したそうだ(BBC)。

 その理由は「同じスピードで走る健常者のランナーに比べて25%少ないエネルギーで走れるから」。義足がハンデどころかメリットになる時代に突入していたとは知らなかった。

 義足といっても、彼が使っているのは普通にイメージする義足とは違い、かなり弾力性がありそう。ひょいひょいと跳ねるように走る。あだ名が「ブレードランナー」と聞いて納得する代物だ。彼は決定に納得せず、スポーツ仲裁裁判所に提訴する意向らしい。

 最初にこのニュースを聞いたとき『そんな冷たいこと言わないで出してあげればいいじゃん』て思った。ちゃんと国内予選を勝ち抜いて正規の手続きで出場するのだったら、拒否することもないように感じたし、何よりも私自身、義足のランナーが健常者のランナーと一緒に競っているところを見て応援したい。

 でもね、ちょっと考えてみたら、確かに問題があるかもしれない。彼でなくても誰か義足のランナーがオリンピックで記録を作ったとして、それは五輪記録とか世界記録として認められるんだろうか? それにさらに技術が進歩してスーパー義足がどんどん開発されたら、五輪で活躍するのは義足ランナー中心になったりするんだろうか?

 それはそれで時代の流れということになるのかもしれないけれど、ふと気が付くと『五輪で彼が走るところを見たい』と思った私の意識は、オリンピック報道でいつも『これでもか』ってばかりに感動を押し付けるマスコミの考え方と大して変わらなく思えてきた。要するに分かりやすい感動が欲しいだけってことなんだろうか。
posted by らくだ at 21:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

3カ月検診

 術後3カ月検診を受けてきた。あっという間に3カ月たってしまった。経過は良好というか、傷跡以外は普通ともう何も変わらない。先生の診断だけは微妙にというか大きくというか変わった。3カ月前は「痩せすぎ」と言われ、今回は「まったく問題ありません。気をつけることがあるとしたら暴飲暴食ぐらいです」。

 そう、最近の私は「らくだ改めオバ曽根と名乗った方がいい」と言われるくらい食欲が爆発している。先生はそこまでお見通しだったかな? 

 このところあまりにも寒くてジョギング意欲を失い、九州旅行から帰ってきてから走っていない。診断を聞いて「やはり最近食べすぎだったか」と危機感が広がり、久しぶりに5キロほど走った。花屋の前を通ったらヒヤシンスの甘〜い香りが漂ってきた。春はかなり近くまで来ている。
posted by らくだ at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

ヘンな乗客

 きのう見つけたニュース。成田空港で自分の預けたスーツケースに入れた缶ビールが漏れたことに腹を立て、JAL関連会社の社員の頭から別の缶ビールを浴びせたというのがあった(産経ニュース)。

 キレる乗客のニュースなんて最近はいくらでもある。珍しくもなんともない。私がエッと思ったのは、この人が頭にきたのはスーツケースの中にパソコンを入れていて、そのパソコンがビールで濡れたので怒りが爆発したと知ったからだ。

 スーツケースにパソコン入れるかぁ? そんなの初めて聞いた(読んだ)。飛行機の窓から見ていると、スーツケースなどを積み込む際なんて「あらよ」「ほらよ」って感じで投げていることも多い。とてもパソコンなんて入れる気にならない。この人のパソコンが壊れたかどうかは記事では不明。

 そもそも缶ビールを入れるってのも理解不能だ。中国の北京に仕事で向かうところだったそうだけど、中国なんていくらでもビール売っているじゃない。日本のビールは売っていたかどうか覚えていないけど。

 こんな人に言いがかりを付けられて土下座させられた上、頭からビールを浴びせられるなんて、空港で働く人もたいへんだ。私なら逆ギレしそうだ。

 ところで、飛行機の機内預け荷物といえば、ハググさんがコメント欄で教えてくれたコレが最高!! ぜひ下記リンク先をご覧あれ。
http://www.milefan.jp/657

 日本の空港でもこんなシャレたお遊びをするところがあるんだね。これを見に大分空港に行きたくなってしまった。でも、大分県から帰ってきたばかりだ…。
posted by らくだ at 21:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

悲しい夜ご飯

 スローな旅は我が家の基本。今回の往復はその極めつけといってもいいほどだった。行きは午後6時すぎに東京駅を「富士」で出発して、別府駅に着いたのは翌午前11時すぎだから所要17時間。

 そこまでのんびりした人は多くない。私たちの乗った車両はそれなりに乗客がいたものの、寝る前に車内を探検したところ乗客が1人だけとか誰も乗っていない車両だってあった。わずかな乗客は「鉄ちゃん」の姿が目立った。

 帰りは大分から神戸までフェリーを利用。昼間運行するフェリーが1月15日でなくなってしまうと聞いて、私から「じゃ、それにしよ!」と言ったものの、実際に乗ってみるとあまりにも長くてウンザリした。こちらは朝8時前に出発して夜9時すぎに神戸着だから13時間ちょっとかかった。

 実際に乗ってみたら、これまで運行していたのが不思議だってくらいにすいている。3連休の初日だっていうのに、私たちが利用した2等船室は定員24人のところを2人で独占。隣の部屋は男性が1人だけで寝ていたし、その隣の女性専用室も1人しかいなかったみたいだ。

 途中で松山と今治に寄るから新たな乗客が乗ってくるのかと思いきや、降りていく一方。船内のレストランは人影もまばらで、夜ご飯を食べるときに数えたら、食事をしている客は11人しかいない。

 メニューも数少なく、消去法的にマーボーナスを選択。ご飯は昼ごはんの残りとみえてカピカピに乾いている。レトルト風のマーボーナスと併せていかにも「あと数日の命です」って味がした。こんなマズイ物を出しながら、白衣に帽子のコック姿の人がいるのが、かえって悲しさを誘った。フェリーの旅は当分いいかな、って気になった。
posted by らくだ at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

九州へ!

P1000186.JPG
ただいま寝台特急「富士」車内から携帯で更新中。青春18きっぷを使わないのは、夫の両親と四人で家族旅行だから。自分の湯めぐりは二の次三の次にして(本当にできるのかやや不安も…)、別府の観光ガイドをする予定。次の停車駅は浜松。
posted by らくだ at 21:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

年賀状

 義母からの電話で、私の出した年賀状がきのう届いたと聞く。え〜っ、なんで? 

 テレビでは12月28日までに出したやつは元日に配達したとか配達できる見込みとか言っていたし、松本在住の友人が29日に出したという年賀状はちゃんと元日に届いたのに。私は12月22日か23日に投函したし、義母だって都内に住んでいるんだけどな〜。かなりガッカリした。
posted by らくだ at 18:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

サイトリニューアル

 このブログよりも前からやっている個人サイトを数年ぶりにリニューアルした(昔は右側にリンクを張っていたのだが、2年半ほど前にこのブログの訪問者が急増したときに怖くなってリンクをはずしてしまった)。

 2年以上前からリニューアルしなくてはと思いつつ、何のインセンティブもないのでどうも動きが鈍かった。これじゃいけないと心機一転、1月1日という締め切りを自分に課した。その結果、当初の希望よりもずっと小規模なリニューアルに落ち着いた。

 公開後、誰もリニューアルの内容に触れないのが怖いといえば怖いのだが、苦情も来ないから特に問題はないのだと好意的に解釈することにした。しばらくこのままにしておこう。1月1日に間に合わせるためにちょっと無理したので、今は「ホームページの顔も見たくない」。
posted by らくだ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。