2007年11月02日

影の薄い首相

 現政権になってからテレビで首相と官房長官を見ることがめっきり少なくなった。福田サンよりも舛添サンや石破サンを見かける回数のほうが多い。

 考えてみると、小泉サン以前の首相はいつもこの程度の露出具合だったかもしれない。小泉さんが首相だったときは、記者のぶら下がり取材をよくテレビで見かけた。福田サンは今よりも官房長官時代のほうがテレビによく映ったし、存在感があったような気もする。

 小泉サンの後任だった安倍さんは不運だった。あれだけ支持率の高い人の後釜ってことで、自分のやり方に合わなくても前任者のスタイルを踏襲しちゃって無理が出た。

 その点、福田サンはちゃんと学習して影の薄さで勝負しているような感じ。老練さを背景とした戦術なんだろうか、と思っていたら大連立の打診だって。ビックリした。こんなことでこれから大丈夫なんだろうか? 自民支持者でもないのに心配になってきた。ただ、小沢サンにはキッパリ即答してもらいたかった。


posted by らくだ at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。