2007年08月04日

エアコン

 8月に入って梅雨明けしたからって湿度が下がるわけじゃなし、もわっとした空気は相変わらず。気温が上がって不快指数がさらに上がっただけかもしれない。

 とはいえ、私は「南方仕様」を自認しているので、暑さには比較的強い。35度くらいまでならそれほど苦痛を感じずにすごせる自信がある。1人暮らしをしていた時は窓さえあけていれば許容範囲内で、エアコンを使うことはほとんどなかった。

 そんな私にとって、エアコンをつけたまま寝るなんて問題外。暑くて寝苦しくて何回も寝返りを打っているうちに眠りにつき、朝方に熱めのシャワーを浴びてシャキッとするのが習慣になっている。寝苦しさは夏の風物詩。なかなか寝付けないのも「いとをかし」ってとこだ。

 ところが夫は極度の暑がり。冷房がないと眠れない。そこで昨年の夏は熱帯夜の予報が出た日は寝室のエアコンをつけたまま寝ることにした。眠りにつくのは簡単になった。でも、起きたあと、なんとなく調子が悪い。体がダルイ。気のせいかな。

 ことしも昨晩はエアコンをつけたまま寝た。すると、やはり起きてから数時間は体が重いような気がする。相談して、これから寝室のエアコンを1日おきにつけることにした。かえって体に悪いかな。
posted by らくだ at 22:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。