2007年07月30日

丸川さんと川田さん

 期日前投票に行ったとき、東京選挙区の立候補者一覧をあらためて見て、思わずため息をついた。ひとことでいえば、知らない人とキワモノ候補のオンパレードといったところだったからだ。いつものように消去法的に候補者を選んで投票した。

 結果を見て一番意外だったのは、丸川元アナの当選。NYからの帰任時に住民登録していなかったにもかかわらず、意気揚々と期日前投票に出かけて恥をかいた様子があちこちで伝えられて失笑をかっていたから、よもや当選することはないだろうと思っていた。

 68万票以上も集めたんだね。寛大な有権者が多いのか、有名人に弱いのか…。それとも私が普段接しているのがマイナー情報すぎて、多くの人には失態が伝わっていなかったのかな。

 3年間のうちに何回か選挙はあったはずで、1度も投票用紙が送られてこなかったら『なんかおかしい』と思ってもよさそうなものだ。そのまま立候補するのもさせるのも甘すぎると思っていたら、有権者も甘いんだ。

 川田さんの当選も意外といえば意外だ。某駅前で見かけたとき、傍らのスタッフが彼の名前のノボリを持っていたから『あぁ、あの薬害エイズの人か』と思い当たった。テレビで見るよりもずっと若く見えた。彼はどこかへ移動する途中なのか、演説をするわけでもなく駅前をブラブラ。

 驚いたのは、駅前を行きかう人がもう全く川田さんに興味を示していなかったことだ。寄っていく人はもちろん、立ち止まる人も皆無。チラッと目をやってそのまま通りすぎていく人ばかり。それだから『無所属候補は大変だな。この関心の低さじゃ厳しいんだろうな』と思っていた。

 たまたま私が見た光景が例外だったのか、最後の最後に彼の主張に共感した人が多かったのか、消去法的に候補を選んだ人たちに知名度でアピールしたのか、どれなんだろう。

 民主の新人、大河原さんのトップ当選は不思議でもなんでもない。現職の鈴木さんは「当確」だとみた有権者が、もう一人投票させようと大河原さんへの投票に回った結果だとみている。

 ひそかに注目していたドクター中松と黒川紀章の争い(なぜかこの2人はさん付けにする気がおきない)、ドクター中松が88772票、黒川紀章が66884票でドクター中松の勝ち。考えようによっちゃ、9万票以上も集められるなんてスゴイといえなくもない。今回は日本スマイル党のマック赤坂なんていう新たなキワモノ候補もデビュー。今後の活躍にひそかに期待している。
posted by らくだ at 22:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

腹筋男性の怪

 朝方不思議な光景を見た。50がらみのポロシャツ姿の男性が歩道橋の下で仰向けに寝そべり、一心不乱に腹筋運動をしているのだ。

 そんなところで腹筋なんかしなくても、家とかジムでやればいいのに。絶対に背中が痛いはずだ。なんで真夏の歩道で腹筋なんてしているんだろう(いや、冬だったら理解できるって訳じゃないけれど)。ちょっと気味が悪かったので、目をあわさないようになるべく遠いところを通りすぎた。

 あとになってから、ひょっとするとあの男性は歩道橋の階段を通る女子高生とかスカート姿の人を待っていたのではないかと思いあたった。だって、それくらいしか理由が思いつかない。

 でも、いま夏休み期間中だし、もともとその歩道橋を使う人はすごく少ない。それに、この男性の腹筋の勢いときたら、とても他のことに関心があるようには思えない。不思議でしょうがない。

 携帯で動画でも取ろうかと思ったものの、追いかけられたりしたら怖いのでやめておいた。
posted by らくだ at 23:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

梅雨明けと思ったら

 久しぶりに朝からよく晴れた。早朝のジョギングに出かけたら、雨が乾ききっていない歩道の真ん中に、朝日を浴びてキラキラ光っている黄金色の物体がある。近づいてみたら蝉の抜け殻だった。季節はちゃんと進んでいるのだ。

 お〜夏だ! こりゃ絶対に梅雨明けだと確信。ここんとこず〜っと気温が低くてとても7月とは思えず、気分的にもスカッとしない日が続いていた。やはり夏はこうでなくちゃ!と興奮していたら、梅雨明けしたのは近畿までだそうで、東京の明日からの週間天気予報は曇りマーク7連発だった。ガッカリ。

 せめて気分だけでも梅雨明けしたいと思い、ブログのバナー写真を昨年の夏も使っていたヒマワリに変えてみた。
posted by らくだ at 23:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

Amazonの過剰包装が気になる

 雑誌はなるべく近所の零細書店で買うようにしている。つぶれたら困るからだ。欲しい本は置いていないことが多いから、本を買う場合はどうしても大型書店(主に池袋のジュンク堂)かアマゾン(Amazon.com)に頼ってしまう。

amazon.comの箱 おとといアマゾンに注文した本がきょう届いた。A5変型版というのかな、普通のソフトカバーの単行本だ。これが段ボールの台紙を当ててビニールパックされ、さらに本の2倍の大きさがある段ボール箱に入ってペリカン便で届いた。本自体の厚さは2センチ、段ボールの厚さは7センチってところ。

 つまり、この箱には同じ本が6冊は入るってことになる。どうみても過剰包装だ。たかだかソフトカバーの単行本1冊に段ボール箱は必要ないでしょう。中身(ビニールパック)に送り状を貼れば、箱がなくても済みそうなもんだ。あるいは厚手の封筒に入れるとか。

 最近では古くからある街中の本屋ですら「カバーはおかけしますか?」「袋にお入れしますか?」と聞いてくるのに、アマゾンのような最先端を突っ走っているはずの本屋がこんな仰々しい包装をしているのは時代遅れのような気がしてしょうがない。

 ほかのネット書店を使ったことがないのだが、どこも同じなのだろうか? 
 
posted by らくだ at 13:48 | Comment(7) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

鼻のレーザー治療

 アレルギー性鼻炎の治療で鼻の粘膜をレーザーで焼いてもらった。普通なら花粉症の季節の前にやってもらうところ。春先は都合が合わず、こんな時期になってしまった。

 予備知識は仕入れていた。麻酔をしみこませたガーゼを鼻の穴にキュキュッと詰めてしばらく置き、鼻の穴に細い棒状のものを突っ込まれてジーッと焼かれる。

 全然痛くはない。楽勝じゃん!と思った次の瞬間、予想していなかったことが起きた。肌というか肉がチリチリ焼ける匂いがするのだ。まぁなんていうか焼肉状の香ばしい匂いだ。そんなこと聞いてなかったよ〜。

 レーザーを使う時間は10分間もない。短い間とはいえ、おとなしく座ったまま、自分の肉が焼ける匂いを嗅ぐというのは妙な気分だ。どうも自分向きの治療じゃなかったみたい。テンション下がりまくりで帰ってきた。ちょっと後悔している。でも、これで効き目があれば気が変わるかもしれない。
posted by らくだ at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

できることから…

 大きな災害が起きると『大変だ! 募金をしなくちゃ!』とは思うものの、実際の行動に結びつかない人は結構いるのではないかと思う。私の友人にも手ごわい人がいる。言い分はこんな感じ。

1.銀行振込みの募金
  振込み手数料で銀行が儲かるだけ

2.郵便局の窓口振込み
  手数料は無料になるけれど、窓口が開いている時間は忙しくていけない。昼休みの時間帯も混雑しているから行く気になれない(銀行の窓口振込みで無料になる場合も同じ)。

3.電話募金
  1・と同じで電話会社が儲かるだけで気が進まない

4.コンビニなどの店頭にある募金箱に入れる
  コンビニの人がネコババしないとは断言できない。

5.振り込み手数料が無料になる銀行もある
  それを調べるのも、新規に口座を作るのも面倒くさい

 ここまで理由を並べられると、それ以上何もいえなくなりそうなもんだが、まだ手段はある。ワンクリック募金だ。募金サイトを1回クリックすると1円が寄付されるというもので、自分は金銭の負担がない。これなら文句はないだろう。

 これを読んでいるみなさん、ぜひ今すぐ下記のサイトに飛んで、真ん中よりもやや上にある「新潟県中越沖地震震災義捐金」のバナーをクリックしてください。
http://bokin-ch.sub.jp/page200.html

 多少の負担はいとわないという人は日本赤十字(郵便振込み)、新潟県共同募金会(銀行・郵便振込み)、刈羽村(郵便振込み)などへ。ほかにもたくさんあるはずだ。
posted by らくだ at 07:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

地震報道

 台風の次は地震だった。ふと気がつくとゆ〜らりゆ〜らりと部屋が揺れていた。『新潟の地震のときもこんなふうに酔いそうなイヤな揺れが長く続いたっけ。どこかで大きな地震が起きたのかも』と思ってテレビをつけたら、また新潟で地震が発生していた。

 3年弱で再び大きな地震がくるなんて、自然の力が起こすことだから不公平などといってもしょうがないのだろうが、被災者の皆さんが気の毒だ。

 テレビを見ていて気づいたことがある。3年前の地震の際は、町役場だか市役所の担当者がNHKや民放各局の電話インタビューに応対しっ放しで『こんな風にメディア対応していたら、被災状況の把握なんてとてもできないじゃない!!』と憤慨したものだった。

 同じように感じた人からのクレームが多かったのか、それとも内部の自己反省からか、きょうは役所の人への電話インタビューの時間は短く、ガソリンスタンドの人とかコンビニの人、豆腐屋のご主人など一般の人への電話インタビューが目についた。その点は改善されてよかった。できれば避難所内の様子もあまり映してほしくない。もし自分だったらイヤだと思うから。

 明日は被災地で雨が降るとの予報が出ている。予報が外れればいいのに。
    
タグ:中越沖地震
posted by らくだ at 22:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

ウェブサイトの売買

 友人から「温泉サイトが売りに出ているよ」とメールが来た。廃業旅館が売りに出ているとか、そんな話ならしょっちゅう聞くが、温泉サイトの売却なんて聞いたこともない。だいたい温泉のホームページなんて売買するものなんだろうか?

 と思ったら、確かに売買されていた。まったく知らなかったのだが、サイトキャッチャーというウェブサイト売買のためのサイトがあり、ブログを含むウェブサイトを売りたい人はそこに掲載を依頼して購入希望者を待つ仕組みらしい。

 いろいろなサイトが掲載されていて、ページをいろいろ開いてみた。たとえば「開店休業状態で月間ページビューが5000位、月間の売り上げはゼロで運用コストは7万円、ヤフーのカテゴリ登録もなくGoogleのページランクはゼロ」なんていうECサイトが100万円で売りに出されていたりする。私にとってはなんとも不思議な世界だ。

 友人が教えてくれたのは北海道の温泉宿を紹介するサイト。2006年11月からの運営で月間売り上げは0〜2000円、ページビューは1000から1400。ヤフーのカテゴリ登録はなく,
Googleのページランクは1。これで5万円て高いな〜と思ったのだが、もう9件も交渉申し込みが寄せられている。世の中分からん。

 私がやっているもう1つのブログをやめる時はこれで売り払っちゃおうか、と一瞬考えた。でも、私が今やっているのと同じように更新してくれる人が買ってくれるとも思えない。やめる時は閉鎖するしかなさそうだ。 
posted by らくだ at 22:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

新世界7不思議

 去年の10月にもこのブログで紹介した「新世界7不思議」が発表された。1億人近くの投票で選ばれた7カ所は次の通り。
万里の長城(中国)
ぺトラ遺跡(ヨルダン)
リオデジャネイロ・コルコバードの丘のキリスト像(ブラジル)
マチュピチュ遺跡(ペルー)
チチェンイツァーのピラミッド(メキシコ)
ローマのコロッセオ(イタリア)
タージマハル(インド)
 この中で行ったことがないのは万里の長城だけ。お隣中国ならいつでも行けるという油断からまだ北京に行ったことがない。2回行ったことがあるのはチチェンイツァーだ。

 去年の10月29日のブログで新世界7不思議のことを書いた際、「清水寺は分が悪い」と書いたのは当たった。そのほか「私が選ぶとしたら、自分の行った所ならマチュピチュ、次いでぺトラ、チチェンイツァー、タージマハールといった順番かな」と書いたら、自分の選んだのが全部入っている。すごいじゃない、と自画自賛しておく。

 でも、コルコバードの丘のキリスト像は清水寺と同程度と思っていたから、それは外しちゃって残念だ。 
posted by らくだ at 22:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

犬がねもち

 いつも走っている近所の公園に何日か前から七夕の短冊が飾られた笹竹がお目見えしているのは知っていた。今朝はいつもよりも早起きしたのでジョギング後に何枚か見てみた。

 「お父さんの病気が早くよくなりますように」とか「お姉ちゃんがテストにごうかくしますように」「平泳ぎができるようになりたい」「サッカーがうまくなりたい」なんていうごくオーソドックスなものが多い。大人の字で「家族が健康でありますように」というのもあった。

 パッと見て意味が分からなかったのは「犬がねもち」。それってどんな餅よ?とか思った。数秒後、すぐそばの短冊に「大金持ちになる」っていうのを見つけて謎が解けた。「犬がねもち」の子は勢いあまったのか、必要ないテンを「大」という字の右上に書いていたのだった。

 気をつけてみるとほかにも「5おくえんほしい」「たからくじがあたる」なんていうのもあり、少し世知辛さを感じる七夕となった。
  
タグ:七夕
posted by らくだ at 16:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

仏大統領のジョギング趣味が不評?

 サルコジ仏大統領が趣味にしているジョギングが、フランスらしくないとか右翼的だとか国民を洗脳しようとしているとまで言われて不評だそうだ(The Timesの記事=英語)

 確かにシラクやミッテランはジョギングってイメージじゃなかったから、新大統領の趣味に戸惑うのも分からないわけじゃない。でも、国営テレビに哲学者を引っ張りだしてきて、歩くことは敏感で精神的な行為だとか、ソクラテスや詩人のアーサー・ランボーその他の偉大な人物のように「歩く」べきだとか、ジョギングは体の管理というだけで瞑想とは関係ないとか言わせるというのがスゴイ。

 記事には書いていないけれど、アメリカ的なものを一段低く見ているというようなところもあるのではないかと個人的には思った。サルコジのお気に入りがNYPDのTシャツだというからなおさら嫌われそうだ。

 記事についているコメントをざっと読む限り、「バカバカしい」としてサルコジを応援するものが多いみたい。安心した。日本の政治家で走る人っていえばムネオとか東国原知事とか浅野史郎前知事くらいしか思い浮かばない。
posted by らくだ at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

ありがちなサイクル

1.自民党の支持率低下(今回は年金問題とか久間発言とか)
     ↓
2.民主党が勢いづく
     ↓
3.勢いづいた民主党が選挙で候補者を乱立(ってほどでもないか)
     ↓
4.「たまには民主党に投票してみるか」っていう有権者がじわり増加
     ↓
5.選挙で民主党が躍進
     ↓
6.民主党とマスコミが「二大政党制の時代がきた」と鼻息荒く喜ぶ
     ↓
7.民主党新人議員の学歴詐称や異性問題などが週刊誌にすっぱ抜かれる
     ↓
8.民主党の勢いはどこへやら、お詫び会見に追われる。
     ↓
9.「やっぱ民主党に期待したのが失敗だった」と有権者に愛想をつかされる
     ↓
10.有権者が自民支持に戻る
     ↓
   1.に戻る
posted by らくだ at 21:53 | Comment(5) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

ミニブログ

 ミニブログが最近はやっているということは、なんとなく知ってはいた。きょうの日経夕刊にも出ていた。要するに短文、多くは1行程度のつぶやきを書くサイトだ。

 ちょっと流行に乗ってみるかと某所で作ってみた(そんなことをやっているから、このブログの更新頻度がどんどんん落ちていくのだ)。「使い方分かるかな」と書き込んでみたら、あっという間にレスが7、8ついた。その1行だけしか書いていないのに、「○○さんがリンクしました」と連絡が来た。

 嬉しいと感じる前に怖くなった。このスピード感についていけない。どうも自分にはミニブログでの交流は向いていないみたいだ。アカウントを削除しようかな。
posted by らくだ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。