2007年06月21日

機内のケータイ 日本は逮捕、欧州は使用解禁

 何日か前に飛行機の中で携帯の電源を切らなかった人が逮捕されたというニュースがあった(朝日新聞)。いよいよそんな時代になったか〜と感心していたら、欧州では機内での電話が9月から認められるという(International Herald Tribuneの記事=英語)。

 OnAir社のシステムを備えたエアバス機で高度3000メートル以上なら携帯電話による通話やメール交換が認められる。客室乗務員が必要に応じてシステムのスイッチを切ったり、機能を文字送信だけに限定することもできるそうだ。

 エールフランスのA318を皮切りに、英BMI、ポルトガルTAP、格安ライアンエアーで利用できるようになる見通し。通話料はまだ決定したわけでないが、通話は1分2.5ドル、ショートメッセージは1通50セント程度になる見通し。

 OnAir社は、乗客と乗務員の10−25%は携帯電話の電源を機内でも切っていないとみており、安全性には問題がないと自信をのぞかせている。

 個人的には飛行機の中まで携帯を使いたくない。と書きつつ、台湾からは携帯メールをずいぶん送った。ソフトバンクモバイルは最初の100文字程度の先行受信が無料だから全メールを携帯に転送しているのだ。それでついついメールチェックすると、返事を書きたくなってしまう。
posted by らくだ at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。