2007年06月19日

温泉爆発報道

 東京の真ん中で痛ましい死亡事故が起きた。シエスパ(別館)の爆発だ。温泉絡みということもあり、一部始終とはいかないものの夕方からずっとニュースを見ていた。事実とは異なる断定的な報道がすごく気になった。

 私が事故に気づいたときには「ボイラーが爆発した」と断定している報道がほとんどだった。消極的な報道でも「ボイラーが爆発したとみられる」という表現で、とにかくボイラー主犯説だった。

 確かに近所の人(居住者か勤務者か定かではない)は「あの建物の中にボイラーがあった」と発言していた。記事中に「近所の人の話によると建物の地下にはボイラーがあった」と書くのは格好悪い。だけど、施設側に確認もしないで「地下1階にあるボイラーが爆発した」と断定的に書ける神経が理解できない。

 テレビを見ていたら、施設側の記者会見でボイラーがほかの建物にあるっていう場面が出てきた。つじつまが合わなくてもニュースキャスター連中は全然動じない。私は「えっ、話が全然違うじゃない」って目をパチクリ。最終的に正しい報道になれば、途中経過はどうてもいいってもんじゃないと思う。
posted by らくだ at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。