2007年02月18日

東京マラソン

 第1回東京マラソンをテレビで見た。スタート前から雨が降り、気温も5度くらいと市民ランナーには厳しい条件。『自分も出たかったな〜』という気持ちと『こんな日に走らなくて良かった〜』という気持ちが半々というところだ。

 日本初の大型市民マラソンということで、ワクワク期待してテレビをみていたのら、男子の世界陸上出場選手選考会を兼ねているということもあり、予想していた以上に普通のマラソン中継に近かった。確かに私レベルのヨタヨタ走っている市民ランナーを見ても一般の人はつまらないだろし、しょうがないか。

 女子は有森の引退レースということぐらいしか話題がなかった。途中で「女子のトップ集団」みたいな映し方もなし。途中経過のテロップでトップ5人の名前が出てきただけだった。世界の競合選手は出ていなかった様子で、女子選手の顔ぶれに物足りなさを感じた。世界の大都市を代表するようなマラソンになるにはあと何年かかかりそうだ。

 テレビを見ていて思った。マラソンは見るスポーツじゃなくて、絶対にやるスポーツだよな。私が最後にフルマラソンを走ってからそろそろ10年になる。あのときも激しい雨の中を走ったっけ。来年の東京マラソンには出たいな。その前に抽選に当たらないと。

 花粉症のことを考えると、きょうみたいに雨が降っていたほうが私にはいいかも。いっそ秋に開催してくれるとありがたい。
  
posted by らくだ at 14:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。