2006年09月16日

Google Earthで飛行機遊び

 3連休ということで、きょうはメールもほとんど届かず。静かな週末となった。九州北部は大雨で亡くなった人もいるのに、東京は久しぶりに太陽を拝めた。朝から洗濯して布団を干して家事に追われた。明日の夜からまた雨になるらしい。

 Google Earthの日本語版が14日に出たと日経新聞で読んでいたので、早速アップデートした。そのついでに面白いものをみつけた。fboweb.comという英語のサイト。私の遊びは英語なんてわかんなくても全然問題ない。画面の真ん中にある(オレンジ色の上の方)で適当に空港を選んで隣のボタンを押すと、その空港に向かっている飛行機がGoogle Earthで見られるのだ。じ〜っと見ていると飛行機のアイコンが動く。しかもアイコンをクリックすると、現在の高度やスピードが出てくる。

 航空&空港マニアの夫に早速教えたら、ロサンゼルス空港に向かっている飛行機を見て、「JAL60とJAL62がこんな時間にこんなところにいるはずない」ときっぱり言われた。確かにLAは真夜中のはずなのにインバウンドフライトが随分多いな〜とは思ったんだ。だからサイトには「ライブ」と書いてあるのに、少なくともLAXに関してはリアルタイムで動いていないみたい。でも、JFK(ニューヨーク)とかオヘア(シカゴ)はリアルタイムで動いていると思う。

 そのほか今のところ見られるのは、ローガン(ボストン)、ハーツフィールド(アトランタ)、マイアミ、シアトル、サンフランシスコの各空港。興味のある方は遊んでみては?

 とここまで書いてふと思った。旅客機爆破を狙うテロリスト連中も、同じ画面を見ているのかもしれない。こんな情報って悪用される可能性はないんだろうか? もうひとつ気づいた。この遊び、日本語版とは全然関係ない…。

【追記】9月17日にはLAXのインバウンドフライトもリアルタイムで動いている様子。きのうは一時的に調子が悪かったのかもしれない。
posted by らくだ at 22:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。