2006年06月28日

喫煙者専用のエアラインが日本へ?

 ドイツの起業家Alexander Schoppmann氏が喫煙者専用の航空会社を設立、就航に向けて資金調達に奔走している。エアラインの名称はSmintair。スミントエアーと発音するのだろうか? Smoker's International Airwaysの略語だそうだ(BBC)。

 なんちゃってニュースかと思いきや、既に公式サイトまであり、2007年3月26日にデュッセルドルフ−東京線を就航させると出ている。B747を2機リースする意向らしい。発着枠は確保しているのかな?

 投資家・スポンサーだけじゃなく、パイロットや客室乗務員、地上職員も募集中なので、興味のある方は公式サイトをごらん下され(でも、実際に就航しなくても私は責任取れません)。

 ヘビースモーカーの友人・知人はみな長時間のフライトには苦しんでいるから、こんなエアラインがあってもいいかも。私が乗ることは絶対にないと思う。

 私が気になるのはタクシーのタバコだ。タクシーを止めて乗り込んだ瞬間、タバコの臭いが充満していると、すごく損した気分になる。「タバコが苦手なので降ります」とも言えず、そのまま乗る(乗車拒否してもいいんでしょうか?)。その日はタバコの匂いが一日中気になる。

 最近は禁煙タクシーも増えているらしいけど、あたしゃ全面禁煙にしろなんて言わない。一目で「禁煙タクシー」と「喫煙タクシー」が見分けられるようにしてくれればいいのに。そうしたらみんな好きな方を選んで乗ればいいんだから。

【参考サイト】タクシー全面禁煙をめざす会

【追記】Smintairの話に戻ると、成田にはジャンボ機の発着枠は現段階では余っていない。BBCの原文にはB747−400ERをリースすると書いてあったと記憶しているのだが(7月3日現在はなくなっている)、旅客用の400ERは世界に6機しかなく、すべてカンタス航空が使用しているため、専門家によると400ERのリースは難しいという。要するにあくまで「楽観的な計画」といったところみたいだ(7月3日記)
posted by らくだ at 20:34 | Comment(11) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。