2006年06月09日

ソウルのお気に入り−鐘路タワーのトイレ

鐘路タワー きのうも書いた通りソウルではヨイドの63ビル展望台が改装中だったので、写真の鐘路タワーの最上階(33階)にあるレストランにお茶を飲みに行った。

 夕方の5時半をすぎていたので、すでにディナーのテーブルセッティングが始まっていて、窓際のテーブルは全部予約済み。窓から2番目のテーブルについた。しかも西日が差し込んで逆光状態。コーヒーは1杯8000ウォン(960円)するのはまぁしょうがないとして、たしか同じ金額だったジンジャーエールなんて氷入りのグラスと缶に入ったカナダドライが出てきただけ。レモンのスライス1枚のサービスさえないのに苦笑した。

 ところが、「それじゃ帰るか」という話になってトイレに行ったら、ほぼ床から天井まで一面がガラス張り。レストランよりもずっと眺めがよく、遠くの東大門まで見える(下の写真では確認できない)。しかも順光。トイレに入るのも忘れて写真を撮った。

鐘路タワーからの眺め

 今回の旅行で行った観光スポット?の中では一番気に入った。ここでお茶を飲むのは1年半前に次いで2回目だけど、1回目はトイレに行かなかったのが悔やまれる。高いところから町を見渡すのが好きな私みたいな人にはお勧めのところだ。

 お茶や食事をしなくても、上の外観写真で右側にある柱を通っているエレベーターに乗って33階で降りればトイレはすぐ近くにある(レストランに入らずにトイレに直行できる)。
posted by らくだ at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。