2006年05月30日

米マイアミにチンギスハーンの子孫

 米マイアミ大で会計学の会計学教授トム・ロビンソン氏(48)がチンギスハーン(チンギスカン? ジンギスカン?)の子孫だとDNA調査で確認されたそうだ。アジア以外で子孫の存在が明らかになったのは初めてだそう(英Times紙)。

 遺伝学の研究世界的に有名で邦訳された著作もある英オックスフォード大のブライアン・サイクス教授が発見したそうだ。ちなみにロビンソン氏の先祖は英カンブリアのウィンダミアから米国に移住したとか。それならイギリスにだって少なくとも何人かの子孫がいてもよさそうだ。

 ここまでは『すごい壮大な話だな〜』と感心していたのだが、さらに記事を読み進んでいくと、世界で1600万人、アジアの男性のなんと8%がチンギスハーンの子孫に当たるんだそうだ。この数字をみたら急に感動が薄れてきた(もちろん私には科学的な根拠なんてなくて単なる印象)。

 チンギスハーンの子孫かどうかを検査してもらいたい人は195ポンド(約4万1100円)でDNA検査をやってもらえるそう。ただし男性だけみたいだ。有料で検査していると知ってさらに「……」って気分だ。
posted by らくだ at 23:22 | Comment(5) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。