2006年05月26日

燃油サーチャージと保険料

 夫の両親と一緒にソウル旅行に行くことになった。頻繁に海外へ出かける両親は2人ともユナイテッド航空の上級マイレージ会員で、これまでに2、3回マイルを提供してもらっている。そのお礼として家族旅行に行こうと提案したのは私なのだが、「お礼」という割には今回もマイルを提供してもらって4人分予約したのがちょっと情けない(しかも予約した宿は格安ホテルだ)。成田便はいっぱいだったので羽田−金浦空港を往復することにした。

 無料航空券といっても、いろいろお金がかかる。羽田の空港使用料が2040円、金浦空港の使用料が3260円、発券手数料が15ドル。ここまでで1人7000円となった。

 よく分からないのが保険料と燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)だ。保険料は2001年の911テロ以降導入されたと記憶している。燃油サーチャージは今調べたら2005年前半に各社が相次いで導入しているらしい。

 我が家はANAで行ってアシアナで帰ってくる。この保険料と燃油サーチャージ、ANAはなぜか不要なのだが、アシアナは1万3000ウォン(1540円)を現地払いと言われた。なんで扱いが別々なんだろう?

 そもそも保険料なんて3年以上も徴収しているのだから、いいかげん運賃に含めればいいのに。燃油サーチャージだって別建てで徴収されるのはなんか納得いかない。航空券を値上げするべきなんじゃないだろうか。

 2月にバンコク往復の格安航空券を買った時は「利用航空会社未定で2万4800円」という安さに飛びついた。結局は帰国便が土曜日しか空いていなくて特定日指定扱いで+5000円、空港使用料+2040円、航空保険料+1200円、燃油サーチャージ+7580円も取られ、合計4万0620円になった。

 なんかだまされたような気がしちゃった。保険料も燃油サーチャージも事前に分かっているのだから、広告には最初から合算料金を表示してほしいよな。
posted by らくだ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。