2006年04月29日

早起江さんとブッシュとニール・ヤング

 横田早起江さんがブッシュ大統領と面会した。テレビや新聞によると、ブッシュ大統領は「きょうはこれまでに最も心を動かされた会談だった」(読売新聞)述べたという。

 早起江はとにかく娘のめぐみさんを取り戻したいの一心で邪心がないから、人の心を突き動かすのは当然ともいえるのだが、それにしても外国の一民間人にこんなことを言うのは新聞的な表現でいえば「極めて異例」なことなんじゃないだろうか。

 アメリカでもこの件が伝えられているのだろうかとチェックしたら、いつも巡回しているニュースサイトで早起江さんのことが載っていたのはワシントンポストのBush Meets With Mother Of Kidnapped Japanese Girlだけ。しかも自社記事じゃなくてAP電のキャリーだし、記事も短い。

 この記事では日本で「最も心を動かされた」と伝えられた部分がダイレクトクオートになっていない。地の文でBush said he was deeply moved by the plight of Sakie Yokota(ブッシュ大統領は横田早起江さんの苦境に深く心を動かされた)となっている。「最も」という言葉は抜け落ちていた。さもありなん。

 下院外交委員会の公聴会での証言はテレビで断片的に見ただけ。早起江さんの証言は簡潔ながら力強いメッセージが伝わってきた。この時のニュースはアメリカのサイトでは見つけられなかった。米テレビがカバーしたと伝えられていたけど、大手局じゃなくてC−SPANだけかもしれない。

 日本関連の目ぼしいニュースがあるとメールをくれる友人は、きょうは音沙汰なし。ちょっとさびしかった。アメリカのブロガーの間では二ール・ヤングの新しいアルバム「Living with War」の話題が沸騰中。特にLet's Impeach the President(大統領を弾劾しよう)という歌の評判がよろしいようで。「Living with War」はニール・ヤング本人の公式サイトで視聴可能だ。

【追記】ブッシュの発言は"one of the most moving …"だった。最後の部分は忘れちゃったけどmeetingsだったかもしれない。(4月30日記)
posted by らくだ at 23:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

スランプかな…

 ずいぶんサボっちまった。2、3日書かないと『さらに1日伸びたってどってことない』って気になってくる。きょうも『ま、い〜か』モードだったのだが、「また体調を崩されているのですか?」とお見舞いのメールをいただいてしまい、『あ、これはヤバイかも』と思った次第。心配してくださった方がほかにもいたら、どうもすみません。私は元気で食欲も爆発してます。

 スランプなのかな。特に書きたいことがなかった。このところ個人のブログをあちこち見て回ったのがよくなかったのかもしれない。ニュースについてコメントするなんていうのはたくさんのブログがやっている。きょうだってホリエモンの保釈の話や姉歯元建築士のカツラの下がどうなっていたかを書いているブログは山ほどあるはずだ。

 あるニュースについて、ほかの人にない視点から鋭いことを毎日のように書くなんてことは私にはできない(1日だってムリだ)。かといってすべてのエントリーを「きょうは○○を買って○○を食べて○○しました」という個人日記にするつもりもない。

 ふと気がついてみると、自分のブログが恐ろしく中途半端に思えてきた。今になってこのブログの方向性をどうしようかと迷い始めている。例年と同じくゴールデンウイークも特に出かける予定もないから、ゆっくり考えてみよう。
posted by らくだ at 22:34 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

ポッキーになった

 やっと髪を切ることができた。体調を崩したり、時間がなかったりで、今まで放置状態になっていたのだ。とはいえ、今はかなり短くしているので、バリエーションはほとんどない。襟足だけ心持ち長めに残してもらって、あとはいつものように短くしてもらった(電話コードみたいだった数年前が懐かしい)。

 帰宅後の私を見て夫は「レイジーのポッキーだ!」と言った。「何それ?」と言おうとしたその瞬間、おぼろげに思い出した。そういえばそんなアイドルグループがいたってことを。数十年ぶりに耳にする名前だ。

 子供のころからアイドルには興味がなかった。レイジーは70年代後半デビューだから、時期的には知っていて当然なのに、代表曲すら思い出せない。

 写真を探してみたらあった(こういうときにアマゾンの広告を載せる手続きを済ませていると、著作権を気にせずに画像が使えるから助かる)。この右側の黒い人らしい。あいざき信也みたいだ。髪型だって全然似ていない。ヘンなことがきっかけになってレイジーに興味がわいてしまった。さすがにCDを買う気はないので、図書館で借りてみようと思っている。

ベスト
posted by らくだ at 22:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

4月21日の雑記・雑感

■映画「ユナイテッド93」出演俳優、米入国を拒否される
 2001年9月11日の米同時テロを題材にした米映画「ユナイテッド93」のテロリスト役のイラク国籍俳優、ルイス・アルサムリさん(英国在住)が米への入国を拒否された。(ロイター

 詳細は不明だが在ロンドンの米大使館が拒否した可能性があると報道されているので、ビザがおりなかったのだろうか。アルサムリさんは映画のプレミアのためニューヨークを訪問する計画だった。なんかもう、映画と現実がごっちゃになっていそうだ。

■騒音おばさんに懲役1年の実刑判決
 初犯だからということで執行猶予がつくのかと思っていた。「反省の態度が感じられず、再犯の可能性も強い」ということだけど、1年の懲役ではたしてこのおばさん生まれ変わるのだろうか? さらにパワアーップして出所しそうな気がしないでもない。

■ブッシュの支持率33%、過去最低
 米FOXニュースの世論調査でブッシュ米大統領の支持率が33%と過去最低を更新した。2週間前は36%、3月半ばは39%、1年前は47%(高い!)だった。

■Google増収増益
 1−3月期は60%増益だそうで、その要因がネット広告収入が好調とのこと。こっちはGoogleからの広告収入受け取りに四苦八苦だ。銀行口座を登録しようとしたら名義が登録名と違うとかいって受け付けてくれない。問い合わせたら「もう一度やり直してください」と返事が来た。やり直すと「その口座番号はダブっているからダメ」と出てくる。思っていたよりも非効率な企業なんじゃないかと思っている…。

■Web2.0って何だ?
 なんか言葉が独り歩きしているような感じ。ブロガーたるもの「Web2.0」という言葉を使って一人前みたいな風潮を感じるが、正直いって私は多分理解していない。荒れ気味のここのコメント欄にバサッと切り捨てた意見があって興味深かった(元記事はず〜っとウォッチしている人じゃないとまったく話が分からないかも)。
posted by らくだ at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

7年という歳月

 山口県光市の母子殺害事件で遺族となったご主人の本村さんをテレビでみると、7年の歳月をずっしりと感じる。

 最初に彼を見たのは事件の起きた1999年だったと思う。彼はまだあどけなさというか子供っぽさの残る顔で、(実際にどんな言葉を使ったかは忘れたものの)『司法の力で犯人に死をもたらせないのならば、自分が殺すまでだ』とキッパリ言い切って涙を誘った。

 ここ数日テレビで見る彼は当時に比べて随分大人になった。それでも犯人への憎しみだけはまったく変わらないように見える。自分が彼の立場だったら同じように憎しみを募らせるのだろう。ただ、テレビの前であそこまで理路整然と厳しい言葉で自分の考えを語ることは到底できない。

 私が事件のことを思い出すのは、テレビや新聞で取り上げられた時だけ。ところが彼はこの7年間というもの、毎日事件のことを考えてきたに違いない。それはどんな日々なのか。テレビを見ながら『この人はどんなときに笑うのだろう』『お花見をして桜を美しいと感じることはあるのだろうか』など余計なことを考え出すと止まらなくなってしまう。

 彼はまだ30歳。極刑判決が出たらようやく満足して新しい人生を歩みだせるのだろうか。「もう十分苦しんだのだから幸せになってよ。まだ若いんだからさ…」。テレビを見るたびに祈るような気分になる。
posted by らくだ at 23:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

回復&お礼

 ついついサボり癖がついてしまった。きょうは暖かくて天気もよく完全回復だ。電話で話していて、相手が「鳥取の砂丘」と言ったのに、「え、鳥取の先湯? どこにあるの? 鳥取の温泉銭湯は全部入ったつもりでいた…」と口走り、「まだ頭がボケてるんじゃない?」と爆笑されてしまった。ま、これはいつものことだ。

 滞っていたメール整理も、質問や依頼など返信の必要なものは全部返信を済ませた(はず)。お見舞いのメールをくださったみなさま、個別に返信できませんが、どうもありがとうございました。

 先日のエントリーでキッズgooの悪口を書いたせいか、キッズgooについてのメールが多かった。「私のサイトなんてキッズgoo上では検索結果として表すらされません」という人も数人。

 キッズgooは使えなくても、グーグルなら「席」または「若者」で検索すると私のブログが一番上に出てくると教えてくれた人もいたし、はてなアンテナでこのブログのお隣ブログ(私は利用していないので仕組みが分かっていない)に「極東ブログ」やら「真鍋かをりのココだけの話」やら「きっこのブログ」やら「がんばれ、生協の白石さん」といった超人気ブログが勢ぞろいしていると教えてくれた人もいた。教えてくれたみなさん、どうもありがとう!

 グーグルは自分でも確認してみた。「はてな」は利用していないので、ネット業界に詳しい友人に聞いてみた。「あぁ、あのお隣ブログね、誰のお隣ブログも超人気サイトなの。要するにみんな超人気サイトを登録して、そのついでにあんたのブログも登録してるってこと。あんたのお隣は超人気サイトでも、超人気サイトのお隣にはあんたのブログなんて絶対出てこないから心配しなくて大丈夫!」だって。彼女に聞かなければ舞い上がったままだったのに、一気に現実に引き戻された。
posted by らくだ at 23:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

4月14日の雑記・雑感

■アイフル業務停止
 サラ金には一切関係がないから、日経の朝刊でスクープの見出しを見てもそれほど意外感はなかった。読み進んでいくうちに「強引な取り立て」という言葉に引っかかった。

 思えば去年の今頃、某雑誌編集部に貸した写真を数カ月たっても返してもらえず、我が家はそれこそ「強引な取り立て」を日夜繰り広げていた。夫は電話で「きょう中に持ってこい。それがダメなら理由を説明に来い!」とか言って何回も編集者を呼びつけていた。某誌編集部で私たちは「アイフル夫婦」と呼ばれているかもしれない。

 その後の詳報で、アイフルの「強引な取り立て」の内容が違法行為だと知った。違法行為はもちろんマズイが、融資条件に同意して契約したのなら約束通り返済しないのだって十分悪いと思う私は少数派か。それとも契約と異なる高利払いを要求されたとか? まだ頭がクラクラしているのか、よく分からん。

■ライブドア株上場廃止
 22万人の株主に株券を返却する(朝日新聞)するそうで、ご苦労様なことだ。ホリエモンを信じて再上場待ちというよりも、プレミアムグッズとして売却しようっていう人の方が多いのかな。

 そういえばヤフー・オークションでライブドア関連のグッズはどんなものが出品されているのだろうと見に行ったら、ザクザク出てきた。幻のライブドア・フェニックス関連とか人生ゲームとか。

 私が一番気に入ったのは「1円ライブドアホリエモン堀江貴文もびっくり想定外超激安タンス」(あと2日)。ライブドアとはまったく関係ないタンスをライブドアのブランド力で売ろうとするその発想がユニークだ。1円からの入札なのにまったく札が入っていないのもいとをかし。

■回復中
 どうにか体調が回復してきた。食欲はいつもに比べて3割、5割ときて、きょうの夜は7割位かな。なぜか体重だけはずっと10割キープ。ワクワクしながら体重を量るたびにガッカリさせられるきょうこの頃だ。
posted by らくだ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

不調

 心がささくれだっているときは、何をやっても何を書いてもうまくいかない。こんな日はミスチルがよく沁みこむ。大好きな「シフクノオト」を何回も繰り返し聞いたら、桜井君の言葉がヤスリみたいにトゲを削って丸くしてくれた。少しラクになった。

 疲れているのかな。風邪をひいたのかもしれない。あるいは天気のせいかも。とにかくもう寝よ。

【追記】寝る前に熱をはかったら38度近くあった。こりゃミスチルどころじゃないや。

【追記2】コメント欄以外にもお見舞いのメールを数通いただきました。ご心配いただき、どうもありがとうございます。たっぷり寝て熱も下がり、回復しつつあるところです。きのうからメールの返信が滞っていることをお詫びいたします。 
posted by らくだ at 23:12 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

マラソンに1万円かぁ

 来年から始まる東京マラソンの大会要綱が決まった。都庁をスタートして皇居、東京タワーの近くを通って品川で折り返し、銀座、浅草を通って有明でゴールだそうだ(コース図=PDFファイル

 エリートランナーも亀ランナーも一緒に走れる大型市民マラソン大会がようやく誕生するのだし、いくら最近トレーニングしていないとはいえ6時間40分の時間制限ならクリアできるだろう。

 久しぶりにフルマラソンを走ってみるかという気になったら、参加料が1万円もするのだった。高いな〜。あんな苦しい目に遭う(私の場合ね)のに、1万円も払うなんてという気になり、それじゃ10Kの部にするかと思ったらこちらは5000円。コストパフォーマンスを考えたら、やっぱりフルマラソンかなぁ。

 参加申し込みは6月18日から2カ月間で、申し込みが定員を超えたら抽選になるそうだ。2月18日開催(午前9時10分スタート)ということは、私の場合既に花粉症の症状が出ているころだからフルは厳しいかな。決めかねている。

【参考】産経新聞記事
     都庁の発表(3月31日付)
タグ:マラソン
posted by らくだ at 23:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

キッズgooこそ有害サイトだ!

 5日に書いた「オレオレ詐欺関連の協力依頼は続く」のコメント欄で、ハググさんから当サイトが有害サイト認定?されているという垂れ込みをいただいた。子供向けの検索エンジンキッズgooで「らくだのひとりごと」を検索すると、「悪のつぶやき」と同様に検索結果が閲覧できないという。

 どれどれ。あれれ、本当だ。「らくだのひとりごと」なんて全部平仮名で子供に優しいサイトを自認している(どこが…)のに、「6570件発見!」という威勢のいい検索結果とは対照的に「ごめんね。ページがひょうじできませんでした」と出てくる。

 キッズgooの説明によると「子どもたちに少しでも安心してインターネットを活用して欲しいという趣旨から、キッズgooサーチではプログラムによる自動フィルタリング機能を取り入れております」だって。要するに子供向けじゃないって判断されているのだ。子供はダメって、ひょっとしてアダルト認定ってこと??

 あたしゃ小学校4年生の女の子から「らくださんはなんで席をゆずらなかったのですか?」っていう質問のメールが届いたって、ちゃんと返事を出したよ。子供に見せられないサイトだというのなら、最初から検索に引っかからないようにしれくれい。

 このキッズgooで遊んでいるうちに妙なことに気づいた。子供向けあってすべての漢字に読み仮名付で検索結果を出すこともできるのだ。しかし、その読み仮名がどうも怪しい。

 小学生らしい例が見つけられなくて恐縮だが、例えば「豊山荘」という旅館の場合、公式サイトのURLはhozansoとなっているから「ほうざんそう」と読むべきところ。ところがキッズgooの検索結果ときたら、「とよやまそう」と「ゆたかさんそう」だよ!

 もっと好例がないかなと探していたんだけど時間切れ(何かあったら教えてください)。とにかく、こんないい加減な読み方を子供たちに見せるほうが、ずっと有害サイトじゃないか!と、あたしはちょっと憤慨している。
posted by らくだ at 23:10 | Comment(7) | TrackBack(1) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

ロンドン・コーリングを歌ったら…

ロンドン・コーリング パンク・ロックというジャンルの音楽は好きじゃなかったが、クラッシュだけは別格だ。ジョー・ストラマーが死んだときはすごいショックで、前代の「ひとりごと」に彼へのオマージュを書いた記憶がある。

 そのクラッシュの代表曲「ロンドン・コーリング」を口ずさんだら、テロリストの疑いを掛けられて予定していた飛行機に乗れなかったという話を見つけた(CNN)。被害者はイングランド北部のDurham Tees Valley空港からロンドンに向かうはずだったハラジ・マンさん(24歳)。

 空港に向かおうと乗ったタクシーは、彼が持っていたMP3プレイヤーで音楽を聴くことができたそうだ。そこで、彼はクラッシュ、プロコルハルム、レッド・ツェッペリン、ビートルズなどの歌を聴いたという。

 タクシーの運転手はもともとこの歌を知らなかったのかもしれない。Now war is declared -- and battle come downなどの歌詞を耳にして不安になり、警察に通報したんだから。どこかからやってきた移民だろうか?

 警察の事情聴取を受けたマンさんは無事放免されたものの、予定通りにはロンドンに行けなかったという。 それにしても、彼の聴く歌ときたらどれをとってもすんごい懐メロ。私だってリアルタイムでは聞いていないものばかり。とても24歳とは思えない。

 で、あたしは今久しぶりにロンドン・コーリングを聴いているところ。
posted by らくだ at 23:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

オレオレ詐欺関連の協力依頼は続く

 1年近く前からこのブログを読んでくれている人には意外かもしれない。このブログに関し、これまでメディアから取材協力のお願いが一番多く寄せられたのは、例の「席を譲らなかった若者」ではなく、オレオレ詐欺関連の記事だ。

 具体的にいうと、2004年9月7日に書いた「オレオレ詐欺被害者の体験記」と同9月19日に書いた「オレオレ詐欺被害者の体験記2」だ(と思う。ほかに書いていないから)。

 私は実際にオレオレ詐欺の電話を受けた人のブログを読んで書いただけで、私自身や家族が詐欺の被害に遭ったり遭いそうになったわけではない。それでもコメント欄には実際に被害に遭った方からの書き込みもあり、コメント欄で取材への協力を呼びかける人も出るなど、それなりの盛り上がりを見せた。

 盛り上がったのはコメント欄だけじゃない。大手メディアからフリーライターまで、取材への協力を求めるメールは20通以上届いたと思う。

 何て書いてあるかというと、不思議なことにこれがほぼ100%といっていいほど同じなんだな。曰く「オレオレ詐欺関連の番組(記事)を作成(執筆)するところで、オレオレ詐欺の被害者に取材したいと思っています。つきましては、是非らくださんのお話をうかがえないでしょうか?」

 「あなたのブログにコメントを書き込んだ被害者を紹介してください」じゃなく、あくまで私に話を聞きたいという。どうせ、いろんなサイト主催者に同文のメールを送りつけているだけで、私の書いたことなんて読んじゃいないんだろうなぁ、とは思ってみるものの、ひょっとして全文読んだうえで私が被害者だと思い込んでいるとしたら、私の表現力に問題ありだ…と落ち込んだりもする。

 「私のブログのこの2つの記事を読んでいただければ分かる通り、私は被害に遭っていません。被害者からの書き込みもありますが、本人がメールアドレスを公開していないので、こちらから連絡を取ることはできません。それでも役に立つのであれば協力いたします」と返信すると、そこでおしまい(唯一、公共放送のディレクターが丁寧な返事をくれた)。

 オレオレ詐欺がほとんど話題にならなくなった今年に入ってからも、まだメールは来ている。ここにきてようやく元締めがつかまったとかで、また「被害者の談話が取りたいので、らくださんと直接話したい」というメールが来た。

 返事を書きながらちょっと悪ノリ。「被害者じゃないので、被害者の立場からお話することはできませんが、個人的な感想としては、こういう人(犯人)たちはある意味稀有な才能を持っていると思うので、キレイな体になったらほかのところで才能を発揮してもらいたいと思います。劇団「オレオレ」を立ち上げるとか…」と書いておいた。
posted by らくだ at 21:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

エイプリルフールは難しい

 零細ニュースサイトを運営している身にとって、4月1日だけは無責任にウソの情報を流せるありがたい日だ。そこで、きのうは温泉のニュースを扱っているブログに、口から出まかせ手から出まかせで、「アキバに『萌えの湯』が年内オープン」て書いたわけ。

 数分で書いた文章だし、秋葉原なんて何年も行ってないから雑誌等で見た情報に想像を織り交ぜて適当に書いただけだし、4月1日という日付を太字で強調したし、絶対信じる人なんていないと思っていた。

 でも、実際には信じた人がいたし、なぜか私はアキバに詳しいことになっている。「オタクを笑いものにするのはよくない」と直メールまで届き(別に笑いものにしたつもりはないんだけど…)、思ってたのと違う展開になっちゃった(あ、でもメールで褒めてくれた人もいた)。

 当初は「ディズニーランドで温泉が湧いたとミッキーマウスが記者会見で語った」というのを書こうと思いついたんだけど、特定の企業やキャラクターの名前を出すのはマズイだろうなと思い当たった。そこでアキバにしたんだけど、どうも失敗したみたいだ。
posted by らくだ at 23:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

花粉症に効く民主党

 きのうは新聞を読む時間もニュースを見る時間もなく、通りがかった駅の売店でスポーツ紙の「民主党前原代表が辞任」という見出しを見て「何をいまさら…」と思っただけだった。

 今朝テレビをつけたら関連ニュースをやっていた。前原代表が「次の衆院選で政権交代するためには人心一新が必要だ」と言ったというところまではフムフムと聞いていたのだが、その次にアナウンサーが「後継候補は小沢氏か菅氏が軸になる」とか言っていたのでのけぞった。

 『人心一新というより「ゾンビ集団の先祖返り」みたいじゃん』と思った瞬間、飲みかかった紅茶を噴き出して咳き込んじゃった。紅茶が鼻から出てくる(汚くてすみません)し、痛くて目から涙は出てくるし、テーブルの上は汚くなるし、一気にティッシュを十数枚使った。

 ったく何であたしがこんな痛い目に遭わなくちゃいけないのよ、と朝からご機嫌斜めの私だった。

 ところが、である。しばらくたってから鼻の調子が快調なことに気づいた。通年性アレルギー性鼻炎のうえに花粉症を併発しているこの時期、鼻は詰まっていてあたりまえなのに、なぜかスースーする。

 ちょっと考えてみて、紅茶で「鼻うがい」をしたせいだと思い当たった。厳密にいうと、「鼻うがい」ってのは鼻から塩水を吸って口から出すらしい(そんなワザが私にできるはずもなく、やったことはない)が、私がやったのは逆ルートでしかも使ったのは紅茶だ。それでも「鼻うがい」には違いない。心なしか夜になった今でも調子がいい。

 私にとって前原民主党の最大の功績は、花粉症の症状を軽減してくれたってことだ。どうもありがとう。

 それにしても、民主党がここで小沢サンという切り札を出してくるとすれば、手持ちのカードは出尽くす感がある。次の選挙で惨敗したらそれこそ「分裂」「解党」が現実味を帯びてきそうだ。かといっていつまでも温存していると、切り札の時価はどんどん下がっていくような気もする。さてどうなるのだろう。
posted by らくだ at 22:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。