2006年02月22日

ミキティの衣装に絶句した

 オリンピックへの興味がどんどん薄れていくという話は先日書いた通りだが、今回のトリノ・オリンピックは放送時間帯の悪さも相まって、リアルタイムではほとんど見ていない。女子のフィギュアスケートSPの結果も朝になってから知った。まずまず妥当な順位だと思った。

 安藤ミキティは8位なら迷わずに4回転にチャレンジできそう。上位に食い込んでいるとメダル欲しさから守りに回ってしまうかもしれないし。ここは失うものなし&怖いものなしで果敢にチャレンジしてくださいな。

 お姉さん2人も好位置につけた。SPで下手にトップになんかなっちゃうと、マスコミが「金メダル確実」などと大騒ぎして本人もそれを意識、フリーの演技でスッテンころりんなんてことになりかねない(ま、マスコミはすでに大騒ぎしているわけだが…)。

 一番意外だったのは、ミキティの衣装だ。アカデミー賞を受賞したデザイナーのワダエミがデザインしたとの前評判が高かったので期待していた。実際に見たら『えっ、本当にこれなの…』と絶句状態だった。

 世界的なデザイナーの作ったものをダサく感じてしまう私のセンスが悪いということは承知の上で書かせてもらうと、あの黒い服が彼女に似合っているとはとても思えなかった。全日本で選手権で着ていた水色だったか渋い赤系の衣装(つまり、いつも着ているやつ)のほうがエレガントな感じで好きだ。

 テレビでミキティ自身が「衣装だけは自信ある」とか言っていた記憶があるから、本人はあの衣装で満足なのだろうか。
posted by らくだ at 21:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。