2006年02月10日

晒しと癒し

 ここ2日間ほど書こうか書くまいか迷っていた。やっぱり書いてみることにする。イラクで人質になった今井紀明さんのことというか、彼のブログについてだ。

 数日前、友人から今井さんのブログ「今井紀明の日常と考え事」の存在を教えてもらった。当然のことながら、あちこちで話題になっているらしく、たくさんのコメントが寄せられている。

 私はまず、彼が実名とメールアドレスを出してブログを始めていたことに驚いた。2年近くたったとはいえ、高校を出るか出ないかの若さであれほどバッシングされた人だ。私だったら、実名を出してブログを書くなんて怖くてとてもできない。今だって他人の関心など全く寄せられないにも関わらず、実名を出す勇気なんてさらさらない(メールアドレスだけは公開しているけどね)。そういう意味で彼の勇気には素直に感心した。

 でも、理解も同意もできないこともある。それは今井さんのもうひとつのブログ「向き合いの中から生まれるもの、それは対話 」で、人質事件のころに今井さんと家族に届いた匿名の手紙を公開していることだ(このブログは直接閲覧するのは難しいので、doblogトップページのランキング経由で飛ぶとアクセスできる)。

【追記】昨日、これを書いた時点で今井さんのブログにトラックバックを送ったつもりだったのだが、失敗していたので1日送れて再送付した。
続きを読む
posted by らくだ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。