2006年02月25日

1週間お休みします

 このところのサボり癖に加え、きょうから1週間出かけるので来週の週末(3月4日か5日)まで更新できません。ひょっとして出先で時間があれば、何か書くかもしれませんが、その可能性は小さそうだなぁ。
posted by らくだ at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ、訂正など | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

ミキティの衣装に絶句した

 オリンピックへの興味がどんどん薄れていくという話は先日書いた通りだが、今回のトリノ・オリンピックは放送時間帯の悪さも相まって、リアルタイムではほとんど見ていない。女子のフィギュアスケートSPの結果も朝になってから知った。まずまず妥当な順位だと思った。

 安藤ミキティは8位なら迷わずに4回転にチャレンジできそう。上位に食い込んでいるとメダル欲しさから守りに回ってしまうかもしれないし。ここは失うものなし&怖いものなしで果敢にチャレンジしてくださいな。

 お姉さん2人も好位置につけた。SPで下手にトップになんかなっちゃうと、マスコミが「金メダル確実」などと大騒ぎして本人もそれを意識、フリーの演技でスッテンころりんなんてことになりかねない(ま、マスコミはすでに大騒ぎしているわけだが…)。

 一番意外だったのは、ミキティの衣装だ。アカデミー賞を受賞したデザイナーのワダエミがデザインしたとの前評判が高かったので期待していた。実際に見たら『えっ、本当にこれなの…』と絶句状態だった。

 世界的なデザイナーの作ったものをダサく感じてしまう私のセンスが悪いということは承知の上で書かせてもらうと、あの黒い服が彼女に似合っているとはとても思えなかった。全日本で選手権で着ていた水色だったか渋い赤系の衣装(つまり、いつも着ているやつ)のほうがエレガントな感じで好きだ。

 テレビでミキティ自身が「衣装だけは自信ある」とか言っていた記憶があるから、本人はあの衣装で満足なのだろうか。
posted by らくだ at 21:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

さぼりグセがついた

 ブログを書くのは義務じゃない。書きたくなければ何日も書かなくたって別に構わないのだ、と思いつつも、毎日のぞいてくれる人も何人かいるのを知っているから、ちょっと後ろめたい気分でここ数日をすごした。

 書きたいときに書けないなら、どこかほかに書いておいてあとでアップすればいいのだから、Seesaaブログのトラブルのせいにはしない。要するにさぼりグセがついちゃったのだ。何日か続けてさぼると、マズイかなという罪悪感も薄れてきていい按配。このままズルズル行きそうなので、きょうはちょっと書いておく。

 私のお気に入りのサイト(ブログ&日記)は、どれも毎日更新されているものばかり。わが身を振り返ると情けなくなる。

 で、ここ数日何をしていたかっていうと、今回はけっこう真剣に逃避先を探していた。しっかりとこのブログのバックアップもとった。この無料Blog比較によると、無料ブログのサービスは54種類も提供されているらしい。

 いくつかのぞいてみた。そしてこっそりとテスト用にアカウントを取得したのもある。でも、Seesaaに慣れすぎちゃったのか、どれも帯に短しタスキに長しっていうか、どうも使いにくい。

 Seesaaは「今後の対応といたしましては、同様の障害が発生した場合において、これまで以上の可用性を実現すべく、ファイルサーバの構成強化を行います」としている。

 ただ、「ファイルサーバの多重化を実現するために、新たに待機系のファイルサーバを手配いたします。待機系ファイルサーバの稼働開始までには、およそ三週間程度かかる見込みです。稼働開始の際には、再度のメンテナンス作業が発生する場合もございますが、その場合は当サイトにて事前にお知らせいたします」とのことなので、3月中に再度メンテナンスの可能性大。

 Seesaaを信じるか、新しいブログに移って慣れるか…。どうも今回も前者の可能性大だ。
posted by らくだ at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

緊急メンテナンスで週末も接続できません…

 昨晩も深夜0時をはさんで当サイトに2時間ほどアクセスできなかったようです。Seesaaではこの週末にメンテナンスを実施するそうで、さらにアクセスできなくなります。

■第一回メンテナンス:2月18日(土) 午前09:00 - 17:00
■第二回メンテナンス:2月19日(日) 午前03:00 - 09:00

 上記の時間帯は当ブログが表示されなくなります。どうぞご了承くださいませ。

 きのうは『さてブログでも書くか』と思ったら管理画面どころか自分のブログも開けなかった…。なんつうか、糸が切れるように書こうという意思がなくなってしまったかもしれない。もっと早く移転しておくべきだったのか…。
posted by らくだ at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ、訂正など | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

長時間アクセスできませんでした…

 2月16日の昼すぎからSeesaaブログに障害が発生し、当ブログにアクセスできなくなっていました。Seesaaのお知らせだと午後2時あたりから復旧作業をしていたようですが、「昼休みに読もうとしたら開かなかった」というメールも複数あり、ほぼ半日にわたって落ちていたようです。

 午前0時すぎに復旧しました。過去ログが全部飛んだかとビクビクしました(バックアップを取っていない…)が、いまのところ大丈夫のようです。のぞきに来ていただいたみなさま、どうもご迷惑をおかけしました。
posted by らくだ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ、訂正など | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

チョコレートケーキ攻め

2006バレンタインデー きのうだったか、OLのほぼ70%がバレンタインデーなんていらないと思っているというアンケート調査結果が報じられていた。私も賛成だ。作るのが面倒なんじゃない。あとが大変なのだ。体重直結。

 毎年の恒例になっているケーキ作り、過去2年は甘さを控えたガトーショコラだった。今年はたまたまテレビ「愛のエプロン」でピーターがケーキを作っているところを見て、「あのピーターが作ったバナナとチョコのやつがいい」と言われた。

 そこで昨晩、久しぶりにスポンジケーキを焼いた。生地にココアを混ぜたスポンジケーキを焼くのは多分初めて。デコレーションは今朝やった。チョコをテンパリングして生クリームに混ぜたのではなく、ハーシーが出しているチョコ味の生クリームを買ったので簡単だった。

 夫にはまずまず好評だったが、そこからが大変。この直径20センチのケーキ1ホールを2人でたいらげないといけない。ここ数年使っていたハート型のケーキ型はもっとずっと小さかった。うぅっ、自分で作りながらほとんど拷問だ。明日の朝食もチョコレートケーキだ…。
posted by らくだ at 23:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

スパムメールとの戦い

 以前悩まされていたスパムメール、最近はサーバで自動的に削除してくれるようになり、しばらくの間わずらわしさを忘れていた。それが3日ほど前からまた始まってしまった。このブログで使っているのとは別のメールアドレスが集中攻撃を受けている。

 大量に送られてくるクスリ類の売り込みメール(英文)がなぜかスパムメール・フィルタに引っかからない。もちろん、毎回送信元のメールアドレスは違うから受信拒否をしようにもメールアドレスで対象を絞ることはできない。そこで、バイアグラとかバイオックス(原文は英語、綴りを書くと検索で引っかかる可能性があるので大事をとってカタカナ表記のみにしておく)を禁止ワードに指定して安心していた。

 ところが、敵はこっちの対策を見透かしたように微妙に綴りを変えてくる。バイアグラはバイマグラ、バイオックスは最後のxが2つから3つに増えていたり…。怖くなってスパイウエアが仕込まれていないかチェックしてしまった(白だった)。

 こうなったら毎回書いてくる「visit our site」を対象にしてみようかな。でも、これだと海外から来る普通のメールでも引っかかる可能性があるなぁ。
posted by らくだ at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

冬季五輪開幕

 トリノオリンピックが始まった。とはいえ、こうしたスポーツ中継から客観性が失われていくのに比例するかのように興味がなくなっていく。半日以上たってから開会式の模様をテレビでみた。

 しかしNHKってのもあれだね(私は地上波しかみれないのでNHK総合の話だ)。夜7時のニュースでもう公式競技が始まっているって言っておいて、ニュースが終わるとしらっと開会式の再放送だもん。「スポーツ中継を生放送しないでどうする! 改革とかいってホントにやる気あるの?」って、オリンピック用のFAXに送ってやろうかと思った。

 でも、開会式自体はよかったから許すか。というのも、各国選手団の入場で流れた曲は懐かしの70〜80年代サウンド。ドゥービーの「ロング・トレイン・ランニン」とかグロリア・ゲイナーの「愛のサバイバル」、ドナ・サマーの「ホットスタッフ」などなど。「君の瞳に恋してる」は誰のオリジナルか知らないけど映画「ディア・ハンター」の挿入歌として思い入れが深い。

 そしてオノ・ヨーコが出てきてメッセージを読み上げ、イマジンのイントロが流れ、誰かが歌い始めた。随分キーの低い人だなぁと思ったら、ピーター・ガブリエルじゃありませんか。なんでピーター・ガブリエルがオリンピックでイマジンを歌うのか一瞬混乱したが、ま、お祭りなんだからいいか。
posted by らくだ at 23:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

晒しと癒し

 ここ2日間ほど書こうか書くまいか迷っていた。やっぱり書いてみることにする。イラクで人質になった今井紀明さんのことというか、彼のブログについてだ。

 数日前、友人から今井さんのブログ「今井紀明の日常と考え事」の存在を教えてもらった。当然のことながら、あちこちで話題になっているらしく、たくさんのコメントが寄せられている。

 私はまず、彼が実名とメールアドレスを出してブログを始めていたことに驚いた。2年近くたったとはいえ、高校を出るか出ないかの若さであれほどバッシングされた人だ。私だったら、実名を出してブログを書くなんて怖くてとてもできない。今だって他人の関心など全く寄せられないにも関わらず、実名を出す勇気なんてさらさらない(メールアドレスだけは公開しているけどね)。そういう意味で彼の勇気には素直に感心した。

 でも、理解も同意もできないこともある。それは今井さんのもうひとつのブログ「向き合いの中から生まれるもの、それは対話 」で、人質事件のころに今井さんと家族に届いた匿名の手紙を公開していることだ(このブログは直接閲覧するのは難しいので、doblogトップページのランキング経由で飛ぶとアクセスできる)。

【追記】昨日、これを書いた時点で今井さんのブログにトラックバックを送ったつもりだったのだが、失敗していたので1日送れて再送付した。
続きを読む
posted by らくだ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

イスラム教冒涜で国籍を剥奪された友人

 ムハンマド(マホメット)を風刺したマンガをめぐる騒動で、久しぶりにある友人のことを思い出した。インドで学生生活を送っていた時に知り合った彼は、バングラデシュ出身ながら国籍を剥奪されて無国籍状態だった。

 もともとは海外の文壇でも名前を知られた若手詩人で、国内では名士の扱いを受けていた。バングラデシュ独立戦争について書いた詩が国内の大手新聞に掲載されたことで人生は一変する。「あんなに多くの人が死んだのに、アラーもキリストもブッダも屋根の上でバイオリンを弾いていただけで何もしてくれなかった」という部分があったからだ。

 その日から嫌がらせなんでもんじゃない、家を焼き討ちされ、兄弟や親戚まで棒で叩きのめされた。本人は半殺しの目に遭って命からがらインドに逃げてきたという。そのインド政府も市民権を認めず、彼は10年近くも無国籍状態で不法滞在していた。

 一度聞いてみたことがある。「問題の詩を書いたことを後悔している?」って。彼は少し考えてから「自分は言葉の芸術家。自分の作品には自信を持っているし、最後まで責任を持つ。だから答えはノーだ。ただ、新聞社や家族に迷惑をかけたことはすまないと思う」と言った。

 バングラデシュが民主化しても祖国には帰れず、今はドイツの市民権を得てベルリンに住んでいる。サルマン・ラシュディ氏の話がニュースになるたびに思い出していたのに、最近はラシュディの名前も伝えられることがなくなってすっかり忘れていた。

 一般論で言えば、彼の詩はまったく誹謗中傷とは思えない。キリスト教徒も仏教徒も焼き討ちどころか抗議すらなかったという。「イスラム教を冒涜した」といわれてしまえばそれまでだが、それを理由に表現の自由を封じられ命まで脅かされるのは、地球上に住む1人の人間として私には理解できない。

 今回大問題になっている風刺マンガを私は見ていないので、真面目な批判なのか、おふざけの誹謗中傷なのか、自分としての判断ができない。それでも「表現の自由」と「宗教への敬意」ということになったら、友人のことがあるせいか私は「表現の自由」を重視したい。彼は今回のニュースをどんな気持ちで受け止めているのだろう。
posted by らくだ at 23:30 | Comment(5) | TrackBack(1) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

2月8日の午前2−11時はアクセスできません

 当サイトが利用しているSeesaaブログがサーバ増強のメンテナンスを実施するため、2月8日(水)の午前2時から11時まで当サイトにアクセスできなくなります。これまでの経験からいって、作業の終了時間が数時間ほど遅れる可能性も否定できません。どうぞご了承くださいませ。

 ここんとこ毎日のように、投稿時には「えいっ」という掛け声とともにエンターキーを押しているような状況なので、これで軽くサクサクなってくれれば言うことないけど、見果てぬ夢というような気もする…。

【追記】メンテナンスは無事終了しました。Seesaaの名誉のために付け加えると、予定よりも早く作業は終了したそうです。いまのところはサクサクいってます。
posted by らくだ at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ、訂正など | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ストーンズの歌詞に検閲

 ことしのスーパーボウルは40年目の記念大会。ダン・マリーノやジョー・モンタナが活躍していた時代はアメリカン・フットボール狂とさえ言われた私なのに、最近はどこのチームが強いのか全く知らない。スティーラーズが勝ったと聞いても、プレーヤーの名前を1人も言えないぐらいだ。

 きょうの関心はゲームよりもハーフタイムショーだ。ローリングストーンズの歌詞が検閲された。「スタート・ミー・アップ」と「ラフ・ジャスティス」の2曲で「セクシーすぎる」単語が削除されたというのだ。「サティスファクション」だけは検閲を免れたという。

 放送した米ABCによると、NFLとプロデューサーの判断だという。ストーンズの連中も年をとってしまったんだなぁ。本番ではしらっとそのまま歌って彼ららしさを見せて欲しかった(この部分は間違いなので打ち消し線にて削除。ミックは全部歌っていたのに、NFLが問題とみなした単語の部分で音声が絞られていたそうだ)。

 きっと2年前のジャネット・ジャクソンによるポロリ事件の「後遺症」だと思うんだけど、歌詞が問題ならそもそもストーンズを呼ぶのが間違いだ。なんだかヘンな方向に行っているなぁ。

【追記】ローリング・ストーンズは7日、広報担当者を通じ検閲について「本当にバカバカしくて全く必要のないものだった」とコメントした。これに対しNFLの広報担当者は「適切な時期にミックのマイク(の音声)を絞ることを彼らは知っていた。彼らとはスーパーボウル間の先週に話し合ったことだ」と説明している。

【参考】
Stones' Super Bowl songs censored (BBC)
NFL Edits Out Explicit Stones Lyrics (AP)
Rolling Stones Decry Super Bowl Censorship(AP)
posted by らくだ at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書評・芸能など | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

お見合いおばさん

 昨晩は友人の人前結婚式に出席してきた。新郎とは15年来の友人、新婦も7、8年前から付き合いがあり、感慨もひとしおだった。

 なんせこの男性には10年以上も前に友人を紹介しようと試みたこともある。私の根回しが不十分だったこともあり、全くうまくいかなかった。

 2年近く前、新婦が仕事をやめて実家に帰っていると聞き、新郎に「彼女はいろいろつらいことがあったみたいだから慰めてあげなよ」とメールを送ったのが2年近く前。ほかの男性から「○○さん(新婦)のメールアドレスが変ったみたいなので教えてください」というメールが来たときは、2人の恋路に邪魔が入ってはいかんと思い、はぐらかして教えなかった。

 私の思惑通りに2人が付き合っていると聞かされたのが1年前。ウホッと舞い上がったものの、それから先がなかなか進まず、先行きを危ぶんでいたところだった。昨年11月半ば、私の父が入院したのとほぼ同時にホームページのBBSがつぶれてどっぷり落ち込んでいたにもかかわらず乗鞍くんだりまで出かけたのも、なんとかこの2人をくっつけようと私が計画した1泊旅行だったからだ。

 こうしてみると私はかなり気合の入った「お見合いおばさん」だ。これまでも、こんなことを何回もしてきたけれども、成功例はきのうの1組だけ。「らくだの結婚相談所」はビジネスにはなりそうにない。
posted by らくだ at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

39年ぶりに戻った財布

 米ペンシルベニア州に住むダグ・シュミットさん(57)の元にある日、なくした財布が届いた。それだけならよくある話だが、39年前になくした財布だっていうのだからビックリだ。

 彼はユタ州立大学に通っていた67年の春、ユタ州内のガソリンスタンドで、カウンターに財布を置き忘れた。ガソリンスタンドの主人はシュミットさんが取りに来るだろうと思って引き出しに入れておいたらしい。

 それから数十年、ガソリンスタンドの主人はたぶん亡くなったことと思うが、その義理の息子テッド・ナイマンさんが荷物を整理していて財布の存在に気づいた。

 中に入っていたのは5ドル札と8セント切手、ユタ州立大の学生証。ナイマンさんはインターネットでシュミットさんがバージニア州に住んでいることを突き止め、財布を送り返したという。なんて律儀な人なんだろう。

 ちなみに当時8セントで送れた郵便物は、今では39セントの切手が必要だという。

【参考】Lost wallet returned 39 years on (BBC)
posted by らくだ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

サイバーポリスねぇ…

 ときどきネットの世界にうんざりしてしまう。数カ月おきの周期でそんな気分になるかな。ここ数日もそんなプチ鬱状態だ。

 なんてったって、このSeesaaブログは重くなる一方で、投稿が極めて難しい。ようやく投稿できたかと思うと二重投稿になって、それを消すのに右往左往。ブログ全体の再構築なんて、ここ数日で何十回も試してみたけど、いつも「完了できませんでした」とメッセージーが出てくる。

 その上に、2日前「あなたからウイルスメールが送られて来て迷惑しています。もう二度と送らないでください」というメールが知らない人から送られてきた。あわててウイルススキャンしたところ、何も検出されなかった。

 そこで「こちらのPCからはウイルスは検出されませんでした。最近のウイルスメールは差出人の名前を詐称することが多いので、○○様と私の両方とメール交換した人が感染し、その人のアドレス帳から任意に選んだ私のアドレスを差出人、○○様を送り先としている可能性が大きいと思います」と返信した。

 これで済んだと思っていたのだが甘かった。またメールが来た。「私が機械に弱いからって、そんな作り話にごまかされると思ったら大間違い。悪質なのでこれからサイバーポリスに訴えます」「新たなウイルスを仕込まれると困るから、私には二度とメールを送らないでください」とある。

 サイバーポリスでも裁判所でもいいから訴えてください…。メールアドレスを公開している限り、様々なスパムが届くのは不可避だと分かっちゃいるけど、身に覚えのないまま一方的に犯罪者扱いされたのは初めてだ。
posted by らくだ at 22:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。