2006年01月25日

人の心はお金で買えた

 ここんとこ毎日のようにライブドアのニュースばかり。いくらなんでもちょっと騒ぎすぎじゃなかろうか。誰とはなしに「いい加減におしっ!」とピシリ言ってやりたい気になる。

 それにしても掌を返すようなマスコミの態度には、ある意味感動すら覚える。今になって「堀江容疑者は著書の中で『人の心は金で買える』と主張し、多くの人が眉をひそめました」なんて言っている。でも、実際のところ彼は本当に人の心を買ったんじゃないだろうか? もっと正確にいうと、一部の人の心は買えたのだと思う。

 例えば、ホリエモンが武部幹事長をはじめとする一部自民党幹部のハートをがっちり掴んだのは、背景にある資金力が無縁ではないだろう。幹事長は今になって「若者はすべて自分の息子のようなつもりで…」と苦しい弁明をしているのが白々しくてチャーミングだ。

 マスコミはどうよ? どこの局だったか忘れたけど、ホリエモン言動録みたいなコーナーで自家用ジェット機を購入した際のVTRを見せていたけど、ホリエモンの説明を聞く女子アナは「スゴイですねぇ」と手放しで賞賛してキャピキャピ言っているだけだった。いまさらあんなVを流して恥ずかしくないのかねぇ。見ているこっちが赤面しそうだ。

 数字を取るためにホリエモンを利用していたマスコミなんて、心を売ったどころか魂を売ったという感じがしないでもない。それが今になって、こぞって「ざまあみろ」っていう論調なのだから、頭がクラクラしてしまう。

 ホリエモンの逮捕後には塀の中の生活に焦点が移った。きのうあたりからテレビでムネオの姿を2回ほど見た。、食べる物や着る物など拘置所内での生活を「先輩」として得意気に解説していた。なんで話がそんな低レベルな方向に行くんだろう。

 これじゃ「国民はバカだから」と言ったというホリエモンとマスコミは大して変らないじゃない。もっと真面目にこの事件の真相に斬り込んでよ。テレビを見たり新聞を読むよりもネット上で山根治氏の「ホリエモンの錬金術」を読むほうがずっと質の高い情報が入手できる。このような情報を徹底的に調べて、一般人に分かりやすく伝えてくれればいいのに。

 公開されている情報だけでライブドアの自転車操業振りがここまで分かっていたというのなら、去年のニッポン放送株問題のときに手も足も出せなかったフジテレビが間抜けに思えてしょうがない。


posted by らくだ at 21:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。