2006年01月03日

ある正月の風景

20060103 というほど大げさなものでもないけど、我が家マンションのゴミ捨て場(右側に見える灰色のドア内)の外まで、ゴミ山がすごいことになっている。年末年始でゴミの収集がないからだ。不燃ゴミなんてタイミングが悪いのか2週間も集めに来ない。

 収集日にゴミをまとめてくれる人たちもしばらくお休みだから、ゴミの分別もめちゃくちゃ、袋も指定されていないものを使ったりと、多くの住民がやり放題。明日が仕事はじめであろうゴミ担当者はちょっとかわいそうだ。

 正月というと決まって初詣とか寒中水泳とか帰省・Uターンラッシュの画像ばかりなので、こんな写真で天邪鬼振りを発揮してみる。


posted by らくだ at 21:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

イラク旅行の米高校生が無事帰国

 両親にも行き先を告げずにイラクへ行った米フロリダ州の高校生ファリス・ハッサン君(16歳)が1月2日、無事に帰国した。

 ハッサン君は高校で潜入ジャーナリズムについて学びイラク行きを決心。両親にも黙ったまま自分のお金で航空券を買い、12月11日に出発した。12月13日にクウェートに着いてから初めて両親に連絡をした。もっとも、クウェートからのイラク入国には国境で拒否されて失敗。ベイルート、レバノン経由でクリスマスに空路バグダッド入りした。

 私が想像するに、彼にとって幸運だったのはイラク人に見えることだ。彼自身はアメリカ生まれで当然アラビア語も話せないが両親はイラク出身。苗字だってウィリアムズとかじゃなくてハッサンだ。何も話さないで服装にも気を使えばイラク人に見えないこともないだろう。

 それでもずっと黙っているわけにはいかない。混雑する市場でアラビア語の会話集を取り出す危険に気づき、27日になってAP通信のバグダッド支局を訪問。自分は両親にも言わずにバグダッドにやってきたと話したため、AP通信が大使館に連絡、軍用機でクウェートに連れ出された末にアメリカに帰国したというのが一部始終だ。

 印象的なのは、マイアミ国際空港から自宅へ帰る父親の車の中でAP通信の電話取材に応じたハッサン君が語ったセリフだ。「僕がどんなに嬉しがっているかを知ってもらいたいんだ。マスコミはとても、とっても僕に親切だった」

 日本だったらどうだろう?「自己責任」「まだ高校生なのだから保護者の責任」「学校の指導方法に問題はなかったのか」などという議論が延々と続きそうだ。アメリカでもこれからそういう議論が始まるのだろうか。何はともあれ、ハッサン君が無事に帰国できてよかった。

【参考】
Boy, 16, smiling at end of his Iraq escapade(Miami Herald)
US teenager home after Iraq trip (BBC)
posted by らくだ at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。