2005年12月31日

今年のブログ生活を振り返って

 振り返ってみると、少なくともブログに関しては波乱の1年だった。というのも、4月の末に書いた「席を譲らなかった若者」というエントリーにアクセスが殺到して環境が一変しちゃったからだ。

 あのエントリーがなんでそんなに読まれたのか、いまだに分からない。分かっているのは、自分はこれだけ多くの人に読まれる文章をあとにも先にもほかに書けそうにないってことだ。

 それまでの私は大方のブロガーと同様『アクセスが増えるといいな〜。どうにかして増えないかな〜』と思っていた。大物ブロガーにとっては1日数万のアクセスなんて日常茶飯事だろう。でも、実際に万単位のアクセスが何日も続くというのは私にとっては嬉しさを通り越して脅威だった(そのヘンが私の小物ぶりを物語っているわけよ)。

 「席を譲らなかった若者」とそれ以降のエントリーに大量のトラックバックやコメントをもらって分かったのは、自分の国語力が劣っていることだ。自分が感じたこと、考えたことをできるだけ忠実に文字にしたつもりでも、すべての読者が自分の意図したように受け止めてくれるわけじゃないというのは結構ショックだった。自分の表現力のなさに日々落ち込んでいた。

 たくさんの人に読んでもらうのには慣れていなかったので、突然読者が増えたのは窮屈でもあった。で、更新頻度を落としたり、どうでもいい話を書いたりしてアクセス減に努めた(冗談じゃなくて本気だった)。仕事でもなく好き勝手に書いている文章だから自分が楽しめることが一番大切。来年は本来のグ〜タラな自分らしく、ダラダラともっと自由気ままに書いていこう。

 近所の寺から除夜の鐘の音が聞こえてくる。これを読んでくれているみなさん、よいお年を!
posted by らくだ at 23:52 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。