2005年11月13日

「私の頭の中の消しゴム」

 韓国映画を見たのはすご〜く久しぶりだ。考えてみたら「シュリ」しか見たことない。で、この映画は要所要所で泣かされたとはいえ、全面的に感情移入することもできず、点をつけるとしたら60点といったところだ。

 結婚後に奥さんが若年性認知症にかかっていることが分かる。症状が進んでからふと自分を取り戻して夫に手紙を書くところは「君に読む物語」にも出てきた場面(といってもこっちは本を読んだだけで映画は見ていない)。『絶対インスパイヤだ〜』と思っいながら泣いた。

 あと、主演の2人が結婚しても夫婦らしくない。生活臭というものが匂ってこない。若い人だったら「超感動した!」という人が多いかもしれないが、オバさんに言わせるとちょっとキレイすぎなのよ。

 どちらかといえば「寄るカメラ」よりも「引くカメラ」の方が好きだなぁということを実感した映画でもあった。
posted by らくだ at 17:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書評・芸能など | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。