2005年10月10日

ロンドンで話題−静岡のタナカ・ヒロシさん

 友人から紹介されたということでイギリス人からメールが来た。「シズオカのヒロシ・タナカとはどんな人物か?」と書いてある。静岡県に住むタナカ・ヒロシさんなんて数え切れないほどいるに違いないのだが、このイギリス人はタイムズ日曜版の記事でタナカさんのことを読んだのだという。確かにタナカ・ヒロシさんの発明についての記事だった。

 つまり、この静岡県のタナカ・ヒロシさんはワインを短期間で熟成させる装置を発明したらしい。ワインといわずお酒をほとんど飲まない私は、タナカさんのことを全く知らなかった。

 そこでググってみたら、中日新聞の記事を見つけた。田中博さんは浜松市のベンチャー企業イノベーティブ・デザイン&テクノロジーの社長さんだった。ふ〜ん、電解数秒で20年ものワインねぇ。

 で、このイギリス人ときたら日本で田中さんが紹介されている記事をざっとでいいから訳してくれっていうんだけど、電解とか水和性なんて日本語でも説明できないから、「英語の記事に書いてあるのと同じことが書いてあるのよ」とごまかしておいた。この人、ワインが好きで興味があるのか、投資対象として考えているのか分からん。

 この技術、アメリカのワイン製造工場で試験導入したっていうのは妙に納得できた。アメリカ人は「インスタント熟成」というこういう技術が好きそう。フランス人だったら鼻でフンと笑うかもしれなというイメージがある。海外で知られている田中さん、そのうちイグ・ノーベル賞をもらうのかもしれない。 
posted by らくだ at 22:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。