2005年10月05日

住みやすさ、住みにくさ

 英シンクタンクEIUが世界127都市を対象に住みやすい都市、住みにくい都市のランキングをまとめた。日経新聞によると、東京は16位でパリ、モントリオール、ハンブルクと同水準だそうだ。

 トップ10は一部の国に集中している。オーストラリア4都市、カナダ3都市、スイス2都市、オーストリア1都市。ランキングは以下の通り。
 1位バンクーバー(カナダ9
 2位メルボルン(オーストラリア)
 3位ウィーン(オーストリア)
 4位ジュネーブ(スイス)
 5位パース(オーストラリア)
 6位アデレード(オーストラリア)
 7位シドニー(オーストラリア)
 8位チューリヒ(スイス)
 9位トロント(カナダ)
10位カルガリー(カナダ)
 オーストラリアは未踏の地なので豪4都市には行っていないが、残りの6都市は少なくとも1回行ったことはある。文化、教育水準は高くてテロの心配がそれほど大きくないことが評価されているそうだが、この中でどこに住みたいかと言われたら正直いってかなり迷ってしまう。

 カナダは私にはのんびりしすぎているような印象がある(住めば都かもしれないが)。スイスは物価が高いし食事が口に合わない、2、3000円ぐらい出しても全部ペロペロっと食べてしまうようなものに出合っていないのだ。これまでに一番おいしいと思ったのは、ルツェルン駅で立ち食いしたフランクフルトソーセージ。発泡スチロールのトレーにのって出てきて、パン1切れとマスタード付で日本円にして400円以上した。オーストラリアも『どうしても行きたい』という気になれず、今まで足を踏み入れていない。

 EIUが発表した住みにくい都市ランキングは以下のとおり。日経によるとワーストがアルジェとポートモレスビーになっているので、下に行くほど住みにくいということになる。
10位テヘラン(イラン)
 9位ドゥアラ(カメルーン)
 8位ハラレ(ジンバブエ)
 7位アビジャン(コートジボアール)
 6位プノンペン(カンボジア)
 5位ラゴス(ナイジェリア)
 4位カラチ(パキスタン)
 3位ダッカ(バングラデシュ)
 2位アルジェ(アルジェリア)
 1位ポートモレスビー(パプアニューギニア)
 さすがにこっちはハラレとダッカに行ったことがあるだけ。どちらもかなり好きなところだ。ハラレは私が行ったあとで政治も経済も不安定になり、治安が悪くなって随分変わってしまったと聞いた。バングラデシュで1カ月ほどフィールドワークを行ったのはさらに昔の話だから、随分変わっているだろう。まさかワースト3に入るとは思わなかった。

 それでも私はこの20都市の中でどこか1カ所に住まなくちゃいけないとしたらダッカを選ぶな。一番長居をしたのもダッカだし、ベンガル語もドイツ語に比べれはずっと相性がよかった。どうも一番波長が合いそうだ。そもそもこのランキングだって西洋人の基準で選んだものだし。でも、この20都市の中でダッカを選ぶ人ってほかにいるんだろうか…。

【参考】Vancouver is 'best place to live' (BBC)
posted by らくだ at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。