2005年08月29日

航空会社ブラックリスト−仏とベルギーが発表

 フランスの民間航空局(DGAC)とベルギー運輸省が29日、両国への運航を認めない航空会社のリストを発表した(BBC)。

 フランスのブラックリストに載っているのは以下の通り。
高麗航空(北朝鮮)
エアー・セントトーマス(米領ヴァージン諸島)
インターナショナル・エアー・サービス(リベリア)
エアー・モザンビークとその子会社
プーケット・エアー(タイ)
 4先週読んだ前ぶれ記事で4社の名前はあらかじめ出ていたけど、プーケット・エアーの名前は初めて出てきた。プーケット航空は安全せん云々よりも経営状態のもんだいだと思う。ちょうど1週間前、韓国・仁川空港で各種料金未払いのために差し押さえられたジャンボ機(朝鮮日報)はどうなったたんだろう? 日本にもチャーター機が来ていたのに、インド洋の津波で観光客が激減したのが痛手になった。こんな状態ではフランスのブラックリストを別にしても、風前の灯といえそうだ。

 ベルギーのブラックリストは以下の通り。
アフリカ・ラインズ(中央アフリカ)
エアー・メンフィス(エジプト)
エアー・バン・エアラインズ(アルメニア)
セントラル・エアー・エクスプレス(コンゴ民主共和国)
ICTTPW(リビア)
インターナショナル・エアー・ツアーズ(ナイジェリア)
ジョンソンズ・エアー(ガーナ)
シルバーバック・カーゴ・フレイターズ(ルワンダ)
サウス・エアラインズ(ウクライナ)

【関連エントリー】
スイスも航空ブラックリスト発表(9月2日)
posted by らくだ at 22:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。