2005年08月26日

ねじれ現象

 私の回りで興味深い「ねじれ現象」が起きている。これまでの選挙では無所属・共産・社民(社会)などいわゆる革新政党・革新候補にしか投票したことがないという昔からの友人が、「今度の選挙では生まれて初めて自民に投票するつもり」というのだ。ほかにもう1人から「過去10年余りで初めて自民に入れる」という声を聞いた。2人に共通するのは「コイズミ改革を逆行させてはならない」という考えだ。

 半面、別の友人に「今度の選挙で初めて自民に入れるって言ってる人がいるんだよ」と教えてあげたら、彼女は怒り出した。「これまでずっと自民に入れてきたけど、今度の一方的な解散とお家騒動で愛想がつきた。派手なパフォーマンスだけで国民は置き去りにされているような気がしちゃって」という。それなのに新たに自民党を支持する人がいるなんて理解できないという。それでどうするつもりかといえば、「自民党を離党した人が結成した新政党も無所属も頼りないし、自分と地元支持者の権益しか考えていないように感じる。今回は不器用そうな民主党に入れてみようかなと思っている」というのだ。

 あたしゃ結構さめててシニカルにみているコウモリ的な立場だから、どっちの言い分も「なるほどねぇ」とそれなりに理解できる。我が身を振り返ると、積極的に支持する人も政党も特に見当たらないんだけど、そうかといって消去法的にピックアップしようと思うと、今回はいつになく決めるのが難しい。

 マスコミのワイドショー的な報道や言葉遊びに踊らされすぎちゃったかな。これから面白半分の選挙報道は「日光の三猿」になったつもりで無視しようか。どうも雑音ばかりが耳と目に入ってきていけない。だからアウトプットの質も低くなる(といいわけ)。でも、書くネタがなかったら「言わザル」の禁をやぶって書いてしまいそうだ。
posted by らくだ at 20:49 | Comment(9) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。