2005年08月17日

「国家の罠」

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて きのうの更新をサボってしまったのはこの「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」という本を読んでいたからだ。昨年マスコミをにぎわせた「ムネオの腰巾着」または「外務省のラスプーチン」の佐藤優氏が書いた内幕物。すんごく面白かった。冷静かつ客観的な観察と緊張感がある文章に好感を持った。ときたまユーモアのセンスも感じさせ、全く飽きさせなかった。傑作。

 一連の事件の当事者が書いているだけに、決して報道されることのない外務省内の権力争いやら外交の実際など、興味深いことが次から次に出てくる。いかに国益を最優先して動いていたかが繰り返し述べられるのは、やや「いい格好しい」という感じがしないでもない。取り調べのかけ引きを通じて担当検事と個人的な信頼関係を築いていく過程は、まるで映画かTVの人間ドラマのようでもあった。

 佐藤氏は、小泉政権の誕生前後で日本の根本的な方針が大きく変わったと指摘。その変化の1つとして次のように書いている。
 田中女史が国民の潜在意識に働きかけ、国民の大多数が「何かに対して怒っている状態」がつづくようになった。怒りの対象は100パーセント悪く、それを攻撃する世論は100%正しい二項図式が確立した。あるときは怒りの対象が鈴木宗男氏であり、あるときは「軟弱な」対露外交、対北朝鮮外交である。このような状況で、日本人の排外主義的ナショナリズムが急速に強まった。
 小泉政権の誕生やマキコせんせがキッカケになったかどうかはともかく、『多くの人が何かに怒っている状態』とか『自分と異なる意見はすべて間違いと見なし攻撃する』傾向というのは、漠然とながら私も感じていたので興味深い。佐藤氏の指摘する通り、日本は「危険なナショナリズム・スパイラル」に入りつつあるのだろうか?
posted by らくだ at 22:22 | Comment(7) | TrackBack(0) | 書評・芸能など | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。