2005年07月26日

楽天トラベルが軟化

 楽天トラベル(旧旅の窓口)が強硬路線を転換、登録宿泊施設から徴収する手数料の引き上げ幅削減に動き出した(ITメディアニュース)。

 現行6%の手数料を9月から7〜9%に引き上げる計画だった。ライブドア系のベストリザーブに顧客が流れたのが響いたらしい。8月10日までに契約を更新した施設には来年3月末までの期間限定で手数料を最大1ポイント引き下げるという。単純に解釈すれば、現行の6%のまま据え置きってのもあり得ることになる。

 ベストリザーブの登録施設は急増しているとかで、ホームページによると現在4060軒。それでも楽天との契約を更新した9000軒(7月25日現在)に比べればまだ半分以下。楽天の契約施設は1万6000軒あるっていうから、25日現在で7000軒が更新を保留。どっちにつくか決めかねている施設も多そうだ。

 つい先日、夫が東北で泊まるホテルを楽天で探していたので「まだ早いかもしれないけど、いちおうベストリザーブと比較したほうがいいかも」と提案。「あ、ホントだ。ベストリザーブのほうが安い!」と喜んで予約しようとしたら、最終的な宿泊料金は楽天と同じだった。

 ベストリザーブのサイトは使いやすいという記憶があったのだが、検索結果の画面に太字で出てくる宿泊料金は「消費税別サービス料込み」。消費税込みの最終的な料金は隣の欄に細い字で書かれた料金の下段に掲載(上段は通常価格)されているのだ。なんか紛らわしい。慣れるまでに時間がかかりそうだ。もっと使い勝手をよくしてくれないかな。

【関連バックナンバー】
楽天トラベルは転落するか(7月4日)
posted by らくだ at 23:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。