2005年07月13日

「通貨燃ゆ」

通貨燃ゆ―円・元・ドル・ユーロの同時代史

 遅ればせながら「通貨燃ゆ 円・元・ドル・ユーロの同時代史」(谷口智彦・日本経済新聞社)を読んだ。本文は日経BPのサイトで全部読めるのだが、やはり紙上で読んだほうがよく頭に入る。知的好奇心を刺激する力作。久しぶりにスーザン・ストレンジを読みたくなった。

 私が常日ごろ不満に思っているのは、例えばアジア通貨・金融危機などの際の報道の浅さ。要するに普段アジアにいる記者さんたちは金融のことなどほとんど知らず、長期債相場が上がれば金利が下がるなんてことには全く興味がない人が多い。どうもカネのことを考えるなんて政治や外交よりも一段劣るというように認識しているんじゃないかと思ってしまう。逆にマーケットの動きに通じたような記者は政治・外交の大局には関心がなさそうにみえる。複合的な考察というのがほとんどないのだ。

 そういう意味ではこの本にはすごく満足できた。太平洋戦争前に通貨の信用をめぐる日本と中国(+米英)の争いがあったとか、戦争直後の日英の立場は「マネー敗戦」という点で似通っていていたとか、とても興味深く読み進んだ。

 戦中からニクソンショックあたりは丁寧に書かれていて読み応えたっぷり。贅沢をいえば、最近のことというか、ユーロと元についてもうちょっと書き込んで欲しかった。次の作品に期待したいところ。
posted by らくだ at 21:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書評・芸能など | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。