2005年06月27日

Drudge Reportはズルイ

warning クリントンとモニカのスキャンダルを暴いたことで知られるDruge Report(あえてリンクは張らない)のサイトを久しぶりに訪問したら、何やら警告ウィンドウが出てきた(画像をクリックすると大きくなります)。

 左側にヘルプ&サポート・センターの文字、右側には「緊急システム警告」で危機感をあおる。「あなたのPCに重大なエラーがある可能性も」と続き、PCのパフォーマンスを改善するために次のウィザードを使いなさい、と命令口調だ。

 最初は最新のウイルスにでも感染したかとうろたえた次の瞬間、一番下にすごく小さな字で「広告」と書いてあるのに気づいた。パソコンに慣れていなくて英語も苦手っていう人なら何事かってビックリしてNextに進んでしまうかもしれない。スパイウェアを仕込まれるぐらいで済むのか、もっとマズイことになるのか、どうなんだろう? ちょっと興味があったけど怖くてNextをクリックする気はしなかった。

 アダルトサイトなどには多いのかもしれないが、あたしゃこんな紛らわしい広告は初めて見た。こんな広告を入れるなんて、Drudge Reportはやっぱりキワモノだ。
posted by らくだ at 23:24 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。