2004年11月22日

郵便局で注意されちゃった

 ビルマの旅から帰って10日余り。世話になった人に手紙や写真を送ろうと郵便局に行った。すでにどの封筒にも切手は貼ってあったから、金額が足りているかどうか確認するだけ。「全部大丈夫です」と言われ、安心して郵便局を出ようとしたところで「お客さま!」と呼び止められた。
「このブルマというのは地方の名前ですか?」
「いいえ、ミャンマーは昔ビルマっていってたので、英語表記でビルマって書いたんですけど」
 日和見な私は、現地でビルマと言ったり書いたりした人には住所の末尾に国名をBurma(Myanmar)と書き、ミャンマーと言った人には単にMyanmarと書いていた。
「カッコの中にミャンマーって書いてあるから大丈夫ですよね」
「これまではちゃんと届きました?」
「さぁ、ミャンマーになってから出すのは初めてなもんで」
「実は3年ほど前、ミャンマーあての郵便物にはビルマと表記しないよう向こうの政府から強い要望がありまして、確実に届くためにもなるべくビルマと書かないでいただきたいんです」
「……」
 こんな検閲があるとは思わなかった。軍事政権はそこまで「ミャンマー」にこだわっていたか。郵便局のお兄さんのアドバイスにしたがって、Burmaの部分を黒く塗りつぶした。ちきしょ〜。情けない気分で敗北感を味わった。もともとビルマに届いたあとで内容を検閲される可能性はあると思い、政治的なことは一切書かなかった。手紙の中でビルマという言葉を何回も使っているから、検閲に引っかかって届かないかもしれない。

 ちょっと甘かったな。ビルマかミャンマーかという問題、実はたいした違いはないのだそう。ミャンマーが文語、ビルマが口語とされている。日本語ペラペラのあるビルマ人は「本来だったら、日本と書いてニッポンと読むかニホンと読むかみたいな話」と説明してくれた。ところが、実際にはミャンマーというかビルマというかは軍事政権を支持するか否かの「絵踏み」になっている。私が自由にビルマと書けるのは、この狭いブログの世界だけみたいだ。

【関連バックナンバー】
ビルマの大物政治犯、15年ぶりに釈放(11月20日)
ビルマの温泉(11月10日)
posted by らくだ at 17:06 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。