2004年11月16日

中国の土鍋ご飯・ボウ仔飯

ボウ仔飯

 久しぶりに食べたものを写真付きで紹介する。中国の鶏飯というか土鍋ご飯を再現してみた。正式名称はボウ(保の下に火)仔飯。これまで2回失敗したので、きょうは気合を入れて。最初から鶏を入れず、20分ご飯を炊いたあとで、下味をつけた鶏とショウガの千切りを入れた。かなり本場に近い味になった。満足。あっという間に2人で平らげた。

posted by らくだ at 23:23 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

M・ハッサンさんらはいま?

 数日前、CNNの転電としてイラク・ファルージャで西洋人女性とみられる遺体が発見されたと各社が報じた(
たとえばこれ
)。

 ひょっとして、人質になっている英国のマーガレット・ハッサンさんかポーランド人女性なのでは、と思って大元のCNNのサイトをはじめ、あちこち海外のニュースサイトをのぞいたのに、どうもそれらしいニュースがみつからない。探し方が悪いのかな。それとも、身元が明らかになるまで何らかの自己規制みたいなのが働いているんだろうか(あるいは英大衆紙のサイトあたりには出ているのかもしれないけど、そこまで探していない)。日本のメディア各社も書き逃げというかなんというか、続報が全然出てこないのはなぜなんだろう。そろそろ身元がわかってもいいはずなのに。どうも不自然だ。

 Wikipediaのハッサンさんの項には末尾に「ファルージャで11月15日、金髪ないし白髪の女性が両手足を切断され、のどを切られた遺体で見つかったが身元は確認されていない」としたうえで、ポーランド人女性は金髪だったと説明しているだけだ。香田さんの最初のときのように別人であることを祈るしかない。

 一方、ファルージャで代表取材した米英のテレビにより、海兵隊員が非武装で負傷している捕虜を「死んだふりをしている」として射殺したことが明らかになった(
CNN
)。日本で放映されたのは、射殺した瞬間の画像はなくてかなり編集されていたとはいえ、見ていて気分が悪くなった。こういう映像が世界に流されることで、また米英(と日本など)の敵は増えそうだ。

 米軍関係者は「ファルージャを解放した」と涼しげな顔をしていたけど、「解放」と「制圧」じゃ全然違うな。まさにものはいいよう。

【追記】上のエントリーを書いて24時間もたたないうちに、メディア各社はハッサンさんが射殺されたようだと伝えた(BBC)。最後の望みも消えたのか。暗い気分だ。イスラム教徒のみなさん、アラーの神はこんなことを許さないはずでしょう。あなたちの同胞の暴走をどうにかして止めてください。
posted by らくだ at 22:28 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。