2004年08月29日

遅ればせながら沖縄の米軍ヘリ墜落事件

 沖縄・宜野湾市で米軍ヘリが沖縄国際大学キャンパスに墜落した事件については書かないつもりでいた。だって、「ないちゃー」(本土の人間)と「うちなーんちゅ」(沖縄本島の人)との考えには大きな隔たりがあるように感じているから、私のようなものが無責任なことを書くのは申し訳ないと思って。

 それでも書く気になったのは、ボロボロと出てくる各種報道に触れたからかな。マスコミの論調では全日本人がアテネ・オリンピックに熱狂しているかのような感じがするけど、地元紙琉球新報のサイトをみると、随分雰囲気が違う。事件からもう2週間以上たっているのに。

 ヘリが墜落した沖縄国際大学のサイトも、米軍ヘリ墜落事件についての情報が充実している。このサイトで現場写真の数々(これこれ)を見たら、私が各種報道によって想像していた以上の惨事だったことが分かった。学期中でキャンパスに人がいたら、と思うとゾッとする。

 朝日新聞によると、在日米軍司令官は被害を最小限に抑えたことについて、オリンピックでの日本の男子体操になぞらえて「普通に演技すれば金メダルをとれる状況で、最後の選手は無難に終わらせてもよかったが、とても難しい技を選んで演技した。その心意気は在日米軍の隊員と同じだ」と語ったとか。マジ?

 まぁ、確かに死者がでなかったのは幸運だったけど、これは乗組員の技術だけじゃなくて、夏休みだったという季節要因も働いているはず。夏休みじゃなかったら、ウルトラCの技でほかのところに墜落させていたのかなぁ? 日本の体操と同じだといわれてもねぇ。少なくとも日本の団体競技の最後の人はピタリと着地が決まっていたよ。日本人が納得できる説明とはとても思えない。こんな例え話を沖縄の人はどんな気で読んだのだろう?

続きを読む
posted by らくだ at 22:59 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。