2004年08月11日

「児童強姦」実は「純愛物語」

 ニューヨークで仕事をしていたとき、アメリカ全土を揺るがした(というとちと大げさか)女性教師による男児レイプ事件というのがあった。だんなと子供4人がいる34歳の女性教師が教え子の12歳の男の子とできちゃったという話。

 女性教師メアリー・ケイ・ルトノーが妊娠して事件が発覚し、逮捕されたんだったな。このルトノーが結構美人だったのと2人が愛し合っていると公言したことで、西海岸の話なのに東海岸でも大きく報じられてた。彼女は97年に逮捕されたあと子供を出産。98年に仮釈放されたときの条件は2度とこの生徒(ヴィリ・フアラーウ)に接触しないことだった。

 それなのに、彼女は1カ月もしないうちにフアラーウと深夜の車の中で一緒にいるところを見つかって再逮捕。当然ながら仮釈放は取り消され、その後の7年間を刑務所で過ごすごとになった。しかも、この時にフアラーウの子供ができちゃったというんだからすごい。当然ながらだんなとは離婚、だんなは子供4人を連れてアラスカへ去って行ったそうだ。

 このルトノー女史、8月4日に刑期を追えて出所した。現在彼女は42歳、フアラーウは21歳になった。問題はフアラーウが最近、NBCテレビとのインタビューで彼女を今でも愛していると話し「僕は彼女なしでは完全には幸せになれない」として、一生接触しないという判決の撤回を求めていること(ロイター電)。

 7年の歳月を超えて「レイプ被害者」が愛していると言っているのに、こんな風に引き裂かれたあげく2度と会っちゃいけないなんて、そんな権限が司法にあるんだろうか。2人の子供は一生、両親と一緒にすごすことはできないなんて、ちょっと酷すぎる。ちなみに2人の子供はフアラーウの母親が育てているそうだ。

【関連サイト】あのひとは今……児童強姦で有罪になった美人小学校教師(海外ボツニュース)

【追記】CNNの日本語ウェブニュースによると、フアラーウは2004年秋にルトノーにプロポーズ。2人は2005年4月に結婚する見通し。終わりよければすべてよしってことで。おめでとうございます。(2005年2月17日)
posted by らくだ at 23:06 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。