2004年08月06日

スプリングスティーン健在

 数年ぶりにブルース・スプリングスティーンを聞いている。テレビで久々に見かけたからだ。ブッシュの再選阻止に向けてこのところ動きが活発らしい。ニューヨーク・タイムズに寄稿したり、ABCテレビのナイトラインに出場したり。

 今回の大統領選挙を「成人してからもっとも重要な選挙のひとつ」と受け止め、ケリーが苦戦している州で10月にコンサート・ツアーを実施するそうだ。ジャクソン・ブラウン(こういうイベントには不可欠な人だ)、ジェームズ・テイラー、R.E.M.らも参加する。いいぞ、どんどんやってくれ。コンサートで人々の投票活動が変わるかどうかなんて分からない。でも、何かしなくちゃいけないと思っているのは、上の2つの記事を読んでひしひしと伝わってきた。

 学生時代に大好きだったスプリングスティーン、私が勝手に描いていたイメージは、町の路地裏で雨に濡れそぼって歩いている野良犬だった。ところがBorn in the USAがあまりにもヒットしてしまい、毛並みがいいのに無理して野良犬の毛皮を被っているように感じてきて興味がなくなったんだった。久々に聞くThe Riverが体に沁みこんでいく。
posted by らくだ at 23:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。