2004年05月20日

「しあさって」の次の日

しあさって」の次の日を何ていうかという話になった。私は子供のころ姉から「やのあさって」というんだよだと教えてもらった。ただし、いままでこの言葉を使ったことは多分一度もない。夫は「ごあさって」というそうだ。この言葉もいままで聞いたことがなかった。

 広辞苑で「しあさって」を調べると「あさっての次、やのあさって」と出ている。え〜っ、「しあさって」と「やのあさって」って同じなの? 今度は「やのあさって」で調べると、「しあさって」と出ているほかに「(東京で)しあさっての次の日」と出ている。私の認識は東京でしか通用しないらしい。「ごあさって」を調べたら「(西日本で)しあさっての次の日」と出ていた。

 ごあさっては「後あさって」なのかと思ったら、夫は「五あさって」「六あさって」「七あさって」と続いて行くんだという。確かに広辞苑には「五明後日」と漢字表記が出ている(六明後日はなかった)。なかなか便利だなぁといったん感心。

 あとで考えて見ると「ごあさって」は4日後、「ろくあさって」は5日後のこと。ちょっと紛らわしくて間違えそう。私がこの言葉を使うことは一生なさそうだ。

posted by らくだ at 23:58 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。