2004年05月04日

刑務所での虐待は日常茶飯事?

 3日付の米紙ロサンゼルス・タイムズにイラク・アブグレイブ刑務所で行われたイラク人虐待の調査報告要旨が載っている。

 これを読んで気分が悪くなった。テレビなどで見た写真数枚よりも、箇条書きのこの文章の方がずっと恐ろしい。とても全部翻訳できないけど、勇気を出して一部紹介してみる。
拘束された男女を裸にして写真やビデオを撮影
裸にしたまま数日間放置
裸にした男性に女性の下着を着せる
男性拘束者のグループにマスターベーションをさせてビデオで撮影
裸にした男性の首に犬用の首輪とヒモをつけて写真撮影
軍用犬を使って拘束者を威嚇し、少なくとも1件で1人が重症を負う
 この報道が出る前、アメリカ人の友人から来たメールには、「こういうことはアメリカ国内の刑務所でも日常茶飯事で起きているわけで、決してイラク人を差別しているわけじゃない」というようなことが書いてあった。もともとイラク戦争には反対していた人なんだけど、分かり合えない深い溝を感じた。
posted by らくだ at 23:53 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。