2004年03月19日

夫婦で政治テロに遭った?陳水扁

 台湾の陳水扁総統(阿扁)が銃撃されたと聞いて、奥さんの呉淑珍の事件を思い出した人はどのぐらいいるのだろう。場所も同じ台南市だ。最初はちょっと信じられなかった。

 奥さんが事件に巻き込まれたのは85年11月だからまだ戒厳令の時代。台南市で遊説する阿扁の一行にトラックが突っ込んだ。阿扁は難を逃れたものの奥さんは重症を負い、それ以来車椅子での生活を続けている。事件の詳細はいまだに明らかにされていないが、外省人(中国本土生まれの台湾人)による政治的なテロとの見方が一般的だ。

 きょうの夜7時のNHKニュースによると、同時に撃たれた呂秀蓮副総統が「膝が痛い」と言い出し、阿扁も「お腹のあたりがヌルヌルする」と言って初めて撃たれたことに気付いたというし、自分で歩いて病院に入ったというから軽傷なんだろう。不幸中の幸いだ。 

 各種報道では、今回も明日の総統選での再選阻止を狙った政治テロの可能性があるんだとか。本当かな。撃たれても気付かない程度だったら殺すつもりはなかったんだろうか。でも、負傷させたら却って同情票が集まる気もするんだけど。再選を阻止するのが目的なんだったら、失敗しないで暗殺しないと意味がない。というわけで、明日の総裁選挙は希望的観測を含めて阿扁が勝つと予想しておく。でも、大丈夫かな。初当選のころの勢いが感じられない。連戦はともかく宋楚瑜は昔から人気あったもんなぁ。ちょっと不安。
タグ:台湾
posted by らくだ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする

平山はスゴイ!

 1週間というもの温泉に入りまくっていた(合計32湯)ので、脳みそがふやけている。シワがきれいに伸びたような感覚だ。そんなわけで世の中の動きに全然ついて行けない。スペインの列車爆破テロのせいか、きょうは駅に警官がやたら多かった。車内の吊り広告で「真紀子の娘が離婚ねぇ。ふ〜ん」と思ったら、その記事が載った週刊文春が発売差し止め? やっぱりついていけないな。

 表題の話、プレーじゃなくて知名度のこと(いや、プレーもすごいのかもしれないけど、私には分からない)。16日の夜、別府から大阪に向かう関西汽船のラウンジでほかの乗客とテレビ観戦した。U23の対レバノン戦。

 観客のなかにおもろいおばちゃんがいた。「あ、ガンバの試合やってる〜」と大声で言ったかと思ったら、平山が目に入ったらしい。「あら〜、やっぱり高校生だから初々しいねぇ。いいね。平山は」とちゃんと名前まで知っている。次の瞬間「平山とガンバの試合?」と誰かに聞いたところで観客の1人が切れた。「オリンピックの出場をかけて日本とレバノンがやっているんだよ!」怒りを含んだ声だったけど、おばちゃんは全然動じない。「日本はどっち?」本当に知らない様子だった。「平山ががレバノン人のわけないじゃん」て突っ込みたかったよ。

 そこまでサッカーを知らない人が、平山だけはちゃんと名前を覚えているという事実に私はいたく感動した。私は彼が活躍している場面を見たことない。今回のオリンピック予選は何試合かみたなかでは全然印象に残らなかった。解説者はいちいち誉めていたけど、私にとってはあのおばさんの一言の方がインパクトあったな。これから少し注目して見るか。あれ、もう予選は終わっちゃったから、今度出るのはオリンピック本番までないのかな。
posted by らくだ at 01:12 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。