2004年03月02日

8時20分眉のオッサン

 例の鳥インフルエンザ問題で毎日テレビに出てくる浅田農産の社長、顔だけみているとなかなかユニークだ。ほとんどの場合、眉間にシワをよせているからか眉毛が8時20分を指している。これで緊張が解けたら9時15分になるのだろうか? ついつい眉毛に注意が向いてしまう私だ。

 でも、全体的にはひどいオッサンだと思う。悪かったというような言葉は口をついて出てくるけど、ちっとも心がこもっていない。なんだかいまだに他人事のような感じ。京都府の職員の人は大変。事務職の人まで駆り出されて鶏を袋に詰め、生きているのは炭酸ガスで殺しているとか(京都新聞)。公務員だから府民のために働くのは当然とはいえ気の毒だ。鶏肉を食べる気がなくなった人もいるのでは。

 ペットで飼っているチャボが8羽(だったかな)死んだだけで鳥インフルエンザを疑った素人もいるのに、商売として鶏に接していて千、万の単位でバタバタ死んでいても鳥インフルエンザを疑わなかったというのはちょっと信じられない。社長はこのまま8時20分の眉毛をキープするしかなさそうだ。
posted by らくだ at 23:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする

冬に逆戻り&アカデミー賞

 天気予報が外れた。朝になってみたら、最高気温が5度とか出ている。先週は15度とか20度とかだったから毛穴もすっかり開き気味。きょうは寒さがこたえた。冷気が毛穴のなかまで潜り込むような感じ。久しぶりに手袋をした。成田では1センチの積雪で離発着に遅れが出たそうだ。

 おまけに昼過ぎには雪雪までちらついた。東京で2月に雪が降らなかったのは25年ぶりだそう。でも、きょうの日中の気温は2度とか3度とかでことしの冬で一番低かったとか。3月になったという実感がない。

 でも少し寒くないと、桜があまり早く咲いたら入学式の子供たちがかわいそうだもんね。

 アカデミー賞は予想通り渡辺謙も「たそがれ清兵衛」も受賞できず。これはしょうがないでしょう。外国語映画賞はともかく、アジアからいきなり出てきた俳優が受賞できるような地盤はまだ整っていないと思う。

 エディ・マーフィーがアカデミー賞における黒人差別について感動的なスピーチをしたのは何年前だったかな。5年位前だろうか。主演女優賞を黒人が初めて取ったのはハル・ベリーの2002年だ(この年は主演男優賞も黒人2人目のデンゼル・ワシントン)。アジア系の人って黒人よりも後発だから、上辺はともかくホンネの部分で受け入れてもらうには時間がかかりそうだ。あと何十年か必要かも。

 ロードオブザリングが11部門で受賞というのはタイタニックとベンハーに並ぶ快挙らしい。でも私にいわせればタイタニックとベンハーじゃ随分重みが違うな。ロードオブザリングは全然見ていない。3作目だけみても面白いんだろうか? 最近、映画を見ていないな。年間200本みていた学生時代は遠い昔だ。

<付け足し>
 1957年に日本人のナンシー梅木が「サヨナラ」でアカデミー助演女優賞を取ったことを忘れていた。ということは上に書いた「地盤は整っていない」ってことはないのかも。それとも昔のアカデミー会員の方が進歩的だった?
posted by らくだ at 00:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。