2004年02月29日

日経ネットナビ4月号

 BBSの常連テンさんのサイト「温泉の通知簿」が日経BPの雑誌「日経ネットナビ」に紹介されたというので立ち読み。仲間が大手メディアで紹介されるっていうのは結構嬉しいものだ。その割に買わないで立ち読みしたセコイ私だけど。

 サイトのトップページと、テンさんの顔写真(逆光気味ではっきり顔がわからず残念)のほか、「利用者の意見」として私がテンさんとこの掲示板に書き込んだ一文が引用されていた。どうもこの程度の引用だったら勝手に使われるみたいだ。雑誌の誌面で見ると、平仮名で「らくだ」って書いた名前って相当間抜けに見えた。コメントそのものもなんだか安っぽく見えた。とはいえ、いまさら「駱駝左衛門」なんていうハンドルを使う気もない。

 せっかくなので雑誌の中身もパラパラ全部めくってみる。ブログ関連の記事が多い。やっぱり流行っているんだな。ちょっと気になっているのは、雑誌やウェブサイトで各社のブログが話題になっても、私が利用しているSeesaaの名前が出てこないこと。そんなにマイナーなサービスなのかな?
posted by らくだ at 21:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2004年02月28日

ビンラディン報道で勇み足?

 国営イラン通信(IRNA)の英語サイトで、イラン国営放送(IRIB)がビンラディンの拘束をどう伝えたかが分かった(英文記事はここを開いて下のほうにあるヘッドラインをクリック)。

 これによると、IRIBがパシュトゥン語の放送で伝えたらしい。ビンラディンはかなり前に拘束されているけど、ブッシュが大統領選挙がらみで発表を遅らせているという内容だ。ラムズフェルドが木曜日にパキスタンを訪問したのもビンラディン拘束に関係があったというんだけど、どうかなぁ? IRNAの問い合わせに対し、IRIBのパシュトゥン語放送担当アナウンサーは「パキスタンのペシャワールにいるとても信頼できる情報源」から得た情報って説明したそうだ。

 いまのところCNN、BBC、ニューヨークタイムズ、ロイター、ワシントンポスト、ドーン(パキスタンの英字紙)などは全く伝えていないか、パキスタンでのアルカイダ掃討作戦についての記事中に「ビンラディン拘束が伝えられたが、米高官が否定した」って感じで地味に触れられているだけだ。

 こっちはテレビ東京で温泉番組を見ていたら速報テロップが出たから完全に信じちゃったんだけど、いまのところ日本のメディアはちょっと勇み足したみたいだ。
posted by らくだ at 23:08 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする

ビンラディン拘束?

 テレビ東京をみていたら8時すぎに「アルカイダのビンラディン氏を拘束−イラン国営放送」のテロップが出て仰天。ってことはイランで捕まったのかと思った。

 でも、BBCのサイトもCNNの英語のサイトにもまだ出ていない。CNNの日本語サイトにはパキスタンで捕まったとイランのラジオが報じてパキスタン軍が否定したと出ている。どうなっているの?
posted by らくだ at 20:22 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする

2004年02月27日

麻原死刑判決にはしゃぐマスコミ

 ニュースがつまらん。オウムの麻原彰晃が死刑判決を言い渡されたから特別体勢。しかし、そんなに大ニュースかね? いまさら「えっ!」ってびっくりした人いるはずないと思うけど。

 なぜそんなに大々的なニュースになるかっていうと、死刑判決に間違いないって分かっているから、マスコミ各社は自信を持って準備できたからだ。事件被害者やその家族のコメントをもらったり、コメントをもらう予約をしたり、これまでの事件の歩みをまとめたり。それを一気に吐き出せて気持ちいいかもしれないけど、当然の判決と受けとめているこちらはかなりの温度差を感じている。

 私にいわせれば、京都の鳥インフルエンザのニュースの方がインパクトがあったな。だって20日ごろからバタバタと死に始めていたのに届けていなかったんでしょ。匿名の届け出でようやく分かったというのだから悪質だ。そういえば大分でペットのチャボが死んだ家にも嫌がらせの電話があったとか。その内容も「届けるなんて余計なことをしやがって」というのだからあきれた。隠したってヤバくなるだけなのにね。

 もし「らくだ新聞」があったら、麻原のニュースは社会面トップで5段ぐらいの扱いどまり。京都の鳥インフルエンザがトップニュースだ。
posted by らくだ at 23:00 | ホノルル ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする

MDプレーヤーが当たった!

mdplayer 心当たりのない宅急便が届いた。私あてだ。ん、ベスト電器? 何も買っていないぞと不審に思ってチェックしたら差出人は我が家の利用しているISP。先日のサーバー更新記念のプレゼントで応募したパナソニックのポータブルMDプレーヤーが当たったのだった。うひゃ〜!! お年玉年賀ハガキで年賀切手があたったことはあるけど、こんな高級品が当たるのは初めてなので、かなり舞い上がっている。

 まぁサーバー工事に伴うトラブルには苦しめられたからね(知らない人は2月8日から10日のエントリーを参照してください)。あの時はメール送受信が予定よりも半日以上遅れて再開したと思ったら、ISPから届いたのがこのプレゼントへの応募を促すメールだった。「ったく、メールは1日近く使えないし、ホームページは落ちたままだし、プレゼントに応募じゃねーだろ!」と毒づいていたのだ。それがきょうは「あ〜、応募してよかったわ〜」に豹変している。

 このMDプレーヤー、写真のように両側にスピーカーをつけないと充電できないのが面倒くさいけど、タダなんだからこのさいとやかく言うのはやめよう。同封されていた封書には「厳正なる抽選の結果」と書いてあったけど、夫は「数重なる怒鳴り込みが効いたんじゃないの?」と言っている。それじゃあたしは総会屋か?

 ちなみに夫も同じMDプレーヤーを希望したものの外れた。だって3人しか当たらないんだもの。300人に当たる図書券とどちらを希望するか迷ったんだけど、「どうせ当たらないなら高級品にしよう」と思ってMDプレーヤーにしておいてよかった。

 これで今度新たなトラブルが発生するまで、今までのトラブルを忘れてあげよう。 
posted by らくだ at 20:10 | ホノルル ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年02月25日

ソフトバンクのお詫びは何?

 ヤフーBBを利用していない私だけど、ソフトバンクが今回の顧客情報流出で顧客にどんな賠償?おわび?をするかには興味津々だ。昨年11月にファミマの顧客情報が流出したときは、被害にあった人18万2780人にそれぞれ1000円のクオカードが送られた(プレスリリース)。

 今回は460万人分の顧客情報が本当に流出していたとして、ファミマの例にならったら総額46億円になる。でも、まさかクオカはないだろうから接続料が1ヵ月分タダになったりするのだろうか。加入前の人には「○カ月無料」とか派手な宣伝しているのだから、数カ月分の接続料を無料にしたってよさそうなもんだ。

 本当は我が家もヤフーBBにしたかったんだよね。というか、ほかのところでもよかったけど、やっぱり一番大手がいいかと思って。というのも我が家の使っているISPはサービスが恐ろしく不安定。なにかトラブルがあると必ずこちらが悪いと疑われる。対応はノロイ。ヤフーBBでも何でもいいから移行しようとしたら、マンション単位の契約になっていてCATV以外のサービスは利用できない仕組みだと知った。CATVは割高なので、そのままになっている。

 どこのサービスも顧客囲い込みに必死でいろんなインセンティブをつけて契約を迫るけど、いったん契約しちゃったら「ハイ、それまで」みたいなところがあるように思う。今回の情報流出で、わがプロバイダーは情報の管理を強化したんだろうか? 2週間前のサーバートラブルのアフターケアにいまだに追われていて、たぶんそれどころじゃないんだろうな。
posted by らくだ at 23:30 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年02月24日

2800万円は誰のもの?

 古紙から2800万円が見つかった事件、なんだかフクザツになってきた。草加市の資源ゴミ置き場から民間業者が勝手に持って行った古紙の中から見つかったそうで、同市は業者を窃盗容疑で告訴することを検討しているという(時事通信のニュース)。なんだかねぇ。ちょっとえげつないと思うのは私だけ?

 何カ月前にテレビで見たことはある。自治体で資源ゴミを回収する前に業者が来て持って行ってしまって問題だという話。ゴミ置き場に置いてある物の所有権は自治体にあるという原則論は理解できる。

 でも、ちょっと待ってよ。草加市は知らないけど、私の住んでいる自治体はゴミを選別して回収しているよ。決められた物を決められた日に決められた方法で出さないと持っていかない。今回の紙幣が我が自治体のごみ置き場にあったらどうだろう? ビニール袋に入っていたというし、回収されなくても不思議はないんだけど。案外「このゴミは回収できません」とシールが貼られたまま野ざらしになっていたかもしれない。

 このまま市側の言い分が通ったら、何かを拾っても正直に警察に届ける人が減りそう。そんなご時世なのかな。業者は黙っていればよかったと反省しているのだろうか。

 ちょっと気になることがある。テレビで見た第1発見者は外国人労働者みたいだった。彼の懐には1円も入らないのかな? 告訴の対象が回収業者(60歳)となっているけど、どうみてもあの人はもっと若い。テレビに出るぐらいだからちゃんと労働ビザとか持っているんだろうな。他人事ながらそんなことが気になってしまう。もし不法就労だったら、あっというまに通報されてしまいそうだ。ついつい想像が飛躍してしまう私。なんか世知辛い。
posted by らくだ at 23:02 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする

2004年02月23日

2秒で寝た女

 きのうに続いて「町で見かけたヘンなひとシリーズ」。きょうは地下鉄の中が舞台。席は全部うまっていて、吊り革は3分の1ぐらい使われているぐらいの乗車率だった。

 ある駅で老婦人が乗ってきて、私に背中をむける格好で斜め前方に立った。老婦人の前の席の人は寝ているのか、席を譲ろうとしない。ちょっとの間を置いて、老婦人の真正面から3人目の席に座っていたサラリーマン風の男性が席を立った。その男性が老婦人に向かって声をかけようとしたそのとき、男性の斜め前に立っていた女性(30代前半から半ば?)が滑り込むように席に座り、そのまま寝る体勢に。というか寝てしまったというか、寝たふりをしたというか…。

 男性は「ここに…」と声をかけたところで席がなくなった気配に気付いて固まっちゃうし、老婦人も振り向いて事態を飲み込んだらしく、何て返事をしたらいいのか分からない様子だった。反対側の座席でみていた私は目をパチクリ。一瞬、回りの空気が固まっていたよ。

 自分の前に立っている老人を無視するかのように熟睡(のふり)した挙句、老人が降りていったら急に目が覚める器用な人は、これまでも何回か見たことがある。でも、老人を差し置いて席取りゲームみたいにして座ったあげく、秒速で眠りにつく人は初めてみた。きのうといい、きょうといい、こんなところに出くわすと心がささくれ立ってしまう。この女性、よほど疲れていたのか具合が悪かったのかもしれない、と好意的に解釈して自分を落ち着かせた。

 それで私がその老婦人に席を譲ったかって? ちょうど次の駅で降りるところだったので早めに席を立ったけど、老婦人が座ったかどうかまでは見届けなかった。
posted by らくだ at 23:36 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年02月22日

お犬さまに負けた!

 もう少しで怪我をするところだった。春の陽気に誘われて近所の公園でジョギングしていたら、足元になにかがまとわりついた。犯人は小型犬(チワワの大きなのかパピヨン)。

 何がなんだかわからないままによろめいて、近くの木にしがみつけたから転ばないですんだけど、ヘタしたら木に激突していたかもしれない。近くにいた50代ぐらいの男性に大きな声で「危ない!」と言われちゃった。恥ずかしかった。

 しかし、この犬の飼い主(20代半ばぐらいの女性)ときたら、犬を放し飼いにして散歩させているのに悪びれた様子は一切なし。「リカちゃん大丈夫?」と犬の心配をしている。思わずムッとして「散歩するときはつないで歩かないと危ないですよ。特に公園は子供も多いし」と非難がましく言ってやった。ところがそれにひるむ相手じゃない。「リカちゃんのことをかわいいって言ってくれない人もいるから、外に出たら気をちゅけなくちゃいけまちぇんよぉ」とか幼児言葉で犬に話しかけている。あたしは犬は好きだけど、リカは嫌いだね。

 まともな日本語が通じそうな相手じゃないとは思ったけど、私はもう一度、散歩のときはつないで歩いてくださいとお願いしてみた。そのとき、さっきの男性が「おい、あんたの犬がクソしてるよ」と言った。そう、当のリカちゃんは、私が転びそうになったなんていうことはお構いなく(飼い主も構っていないのだから当然か)、公園の植え込み脇でウンチをしていた。その男性に対し、飼い主の女性は「リカちゃんは高級ドッグフードを食べているからウンチだって匂わないのよ」と言い放ち、カリントウみたいなウンチを片付けもせず、もちろん私への謝罪もなく立ち去った。なんだありゃ。

 男性と私は顔を見合わせただけで何も言えなかった。本当は言いたいことがあったんだけど、気が小さい私のこと、とても本人に面と向かっていえなかったので、ここに書かせてもらう。それじゃ、あんたも高級ドッグフードを食べて野グソでもしな!ちとお下品で失礼しました。
posted by らくだ at 20:49 | デリー 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年02月21日

アクセスカウンターが3万に!

っても、このブログじゃなくてメインサイトの話。漠然とした目標は1年1万ぐらいのペースだったのに、1年5ヵ月弱で3万になった。素直に嬉しい。ま、もうキリ番とかカウプレとか騒ぐお年頃でもないし、このまま1人で静かに喜んで終わろう。

 ほとんどの個人サイトについているカウンター、結構いい加減だ。クリックするたびにカウントアップされていくのもあれば、同じ人の連続クリックはカウントされない(私が使っているやつ)のもある。そうかと思えば、24時間以内は同じ人がアクセスしてもカウントしないなんてのもあったな(先日、サーバーが逝ったときに一時使っていた)。

 それに私が以前使っていた「スゴいカウンター」っていう無料レンタルのやつ、いきなり数字が数千増えたかと思えば減ってみたりする、文字通りに「スゴイ」カウンターだった。そんなこともあってか、カウンターの数字の進み具合は全く気にならなくなってしまった。最初のうちは自分のサイトを開いちゃ「あ、カウンターが進んでいる! 誰か見に来てくれたんだ」って喜んでいたのにね。

 思い返せば3ケタで「あ〜早く4ケタの大台に載せないかなぁ」ってジタバタしていたころが、カウンター的には1番楽しかったな。おっと、このブログのカウンターはまさに3ケタだ。それでも、初心を忘れちゃっているからか、数字は全然気にならない。

 それじゃカウンターを外す日は来るのだろうか? ほんとうはこんな趣味の世界で数字に縛られるのもバカバカしいとは思っているんだよね。でも、どうかな。『誰かが見てくれている』証として更新のモチベーションをキープするために、きっと外せないだろうな。
posted by らくだ at 23:56 | デリー 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

CSSをいじってみた

 初期設定画面のままじゃつまらないと思い、CSSの変更にチャレンジ。作業を始めて数分もしないうちに自分の色彩センスの悪さを痛感した。オレンジと茶色を使った配色を試みてすぐに挫折。比較的簡単なブルー系でまとめてみた。これだけでも私にとっては大手術だ。

 同じシーサーのブログを使っているひとでも、『どこをどうやったら、そんなに変わるの!?』ってぐらい、おしゃれに変身させている人もいて羨ましい…。どうもいろんな人のブログをみていると、ホワイトベースで字は黒よりも薄め(というかグレー)、字も比較的小さ目が流行っているみたいだ。

 この次はリンクかな。RSSなどという言葉があることだけは分かったけど意味と機能はさっぱり分からず、リンクの取り込み方も不明なままだ。この私にブログなる物は使いこなせるんだろうか?
posted by らくだ at 09:45 | デリー 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2004年02月20日

確定申告

 確定申告を済ませてきた。去年は2月19日にしているから、1日遅くなってしまったけど、ズボラな私が2年続けて2月中に確定申告を済ませるなんて、結構すごいことだと自画自賛。

 zeimusyo税務署の提出窓口は、申告期間の特別仕様になっていた。というか、この時期でないと税務署なんて行かないので、普段はどうなっているのか知らない。まだすいているので、ちょっと仰々しく見える。

 最近でこそ確定申告にも慣れてきたけど、最初に会社をやめたときは、そんなこと一切知らなかった。給料から天引きされていた保険料と年金保険料を払わなくちゃいかないのが痛かった。確定申告をすれば税金が戻ってくると聞いたものの、原稿料なんかは領収証を取っておかないと原則として経費を認められないなんてあとで聞いて真っ青になったっけ。こういう知識って絶対必要なのに、なんで教えてもらえないんだろう。義務教育でとはいわないけど、高校で教えてもらいたかった。
posted by らくだ at 23:33 | デリー ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年02月19日

米大統領選、ブログの敗退

 民主党の大統領候補争いからディーンが撤退した。私にブログへの関心を持たせてくれたのがこのディーン。それだけは感謝しておく。

 今年初めまでは民主党大統領候補になるのは確実と言われたディーン。いまだにディーンのブログはエントリーも頻繁だし、コメントの数も多い(Blog for Americaとは随分大きく出たもんだ)。ケリーのブログは先週末、アクセス増に伴うサーバー増強とかで一時アクセスできなかったし、ディーンほどの勢いが感じられない。ことブログに関してはいまだにディーンの方が優勢にみえるんだけど、ブログじゃ政治は変えられないってところか。

 エドワーズクラークなど含めて候補者がこぞってブログを作ったというのは、たぶんディーンの影響なんだろうな。しかし、ブログってどう大統領選挙を変えたんだろう? ネットの力で史上最高と言われる資金を集めたディーンがあっさりと敗退した原因は何だろう? その辺のところを私にも分かりやすく説明してくれたものが見つからない。

 シロウト考えだと、3月2日のスーパーチューズデーでエドワーズが脱落、ケリーが大統領候補、副大統領候補にエドワーズで落ち着くんだろうな。いまのところブッシュよりも支持率が高いといわれているケリーだけど、現段階でのメディアでの露出度の高さもあるんだろう。実際の大統領選になったらブッシュはやはり強そう。

 ブッシュ父がクリントンに負けた大統領選と違うのは、アメリカの景気が当時に比べて良好なのに、低インフレ低金利が続いていることだ。ブッシュの実施した大型減税に噛み付くと有権者の心象は悪くなるだろうし、経済政策で民主党が独自色を打ち出すのは難しいかもね。そういえば今回の選挙、政策公約はほとんど伝えられずに「ベトナムのヒーロー」とか「親のコネでベトナム行きを回避」とかそんな話題ばかりだ。
posted by らくだ at 23:27 | デリー 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする

デリーの天気は煙?

 いつもいつも東京の天気ばかりじゃおもしろくないと思い、右側欄外の天気をデリーにしてみた。午後6時現在の天気は煙って何? デリー市内で大規模な火災でも発生しているんだろうか。これからも天気欄をいろいろと変えて楽しむつもり。
posted by らくだ at 20:41 | デリー 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする

2004年02月18日

日本、辛勝

 いや〜ハラハラした。サッカーの日本とオマーンの試合。事前のマスコミのムードときたら「オマーンは韓国に0対5で負けたんだし、向こうは主力選手を欠いているし、日本は寒いから楽勝!」みたいなムードだった。

 ところがフタを開けてみると、どっこいどっこい。サッカーのことをほとんど知らない私には、白いユニフォームの選手の方が青いのよりも多く見えたぐらいだ。

 実況も時間的に余裕のあるうちは「引き分けは負けに等しい」などと強気だったけど、そのうち本当に引き分けそうになったら責任転嫁で解説者に「引き分けたらどうでしょうか?」と振ってた。きっと「まだ、大丈夫ですよ」と言わせたかったんだろう。北澤も武田も「大丈夫」と保証はできないし「厳しくなりますが…」と口ごもっている感じだった。

 それもこれも後半ロスタイムに久保が1点入れてくれてチャラ。思わず黄色い声で「行け〜」とテレビに向かって叫んでいた。この先、あと何回ハラハラさせられるんだろう。まぁ、きょうのところは終わりよければすべてよし。
posted by らくだ at 22:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。